HOME   »  【東海地方】
Category | 【東海地方】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡上八幡を早朝散歩



19日の日曜日、エクの予選会場を後にして、岐阜県に移動。
【道の駅 古今伝授の里やまと】に到着したのは午後7時半。
こちら温泉施設がある道の駅です。
メインの道路から、少しだけ中に入るので、
カエルの鳴き声しかしない、素晴らしく静かな環境でした。
トイレもキレイだったし~♪
こちらの温泉、とっても良かったです。泉質も広さもナイス♪


160620-01.jpg

郡上八幡で向かえる朝


目覚ましを鳴らしたのは5時半。
一時間前までは雨が音を立てて降っていて、
動き出しを遅らせようか… なんて思いながらウトウトしてたのに、、
車のドア開けてみたら青空が広がり始めているではないですか。
これは予定通り、暑くなる前に動き出さなくては!


お気付きでしょうか。うちの車、また変わりましてん♪
どんだけエルグランド好きなんだよ!と言われそうですが、
三代目となったE50エルグランド君。
今度は運転席と助手席ラウンジパッケージの回転シート。
サンルーフも付いてて、走行距離たったの5万キロ。
前のオーナーさん、余程丁寧に保管されていたのでしょう、
足回りの具合も塗装も、文句の付けようがない新しい相棒です。

サンルーフいいですね。車内の熱気の抜けが全然違うの~。
次の車の選択に頭を悩ませてたのですが、
結局は、我が家の生活にはエルグランドがベスト!
年式は古いですが、走行距離は大幅に若返ったので、
20万キロ目指し、はりきって日本列島を右往左往してもらいます。
うちに来ちゃったからには、いっぱい走ってもらうのだよ~

ササッと朝ご飯を済ませ、急いで町へ移動。
郡上八幡旧庁舎記念館前の駐車場に車を停めたのは、
6時45分。平日早朝とあって、観光客は誰一人居ません。


160620-02.jpg

そこかしこに水が溢れている~


雨で濡れた景色の方が郡上八幡ぽいな~ と思っていたので、
この日は正に、見たかった景色ドンピシャな朝でした。

いざ、橋を渡って街歩きに出発。

と、思ったところで、チョッとまて~い!
その看板じっくり読んでみなよ。



160620-03.jpg

て事は、飛び込んでヨロシって事だよね?
どんな感じなん? のぞいてみなよ。



160620-04.jpg

ダイブ出来そう?


地元の子供達だけじゃなく、郡上踊りのシーズンには、
観光客の人達も飛び込むらしいです。
水面まで12mですって。 ありえん…



160620-05.jpg

直下は覗き込めず、これがワタクシの限界



160620-06.jpg

お参りをして、いざ、町歩きスタート!


橋を渡ったら、先ずは神農薬師にご挨拶。
何とも風情のある道路脇のお薬師様でした。



160620-07.jpg

郡上八幡と言ったら、食品サンプルも有名


朝も早くて実際に作っている物は見られませんでしたが、
この展示されている物のクオリティ素晴らしい!
きっと魔法の様にソックリに作り上げちゃうんだろうな~



160620-20.jpg

柳町をぶらぶら歩く


水路を流れる水が澄んでいて、めっちゃキレイでした。
鯉も泳いでたし、このずっと先の民家前では、
おばあちゃんが洗濯物のすすぎをしてました。
生活に密着した水路なんですね。



160620-10.jpg

職人町、鍛冶屋町を独占探訪


平日の朝7時ちょい過ぎだからこその独占状態。
時おり住民の方々が用足しに家の外に出て来られて、
すれ違う度に、にこやかに 《お早うございます~》 と
声掛けて下さいました。なんか嬉しい♪



160620-11.jpg

宗祇水横から、小駄良川へ



160620-12.jpg

川沿いのお宅、川に面した側はもの凄い事になってます


それぞれのお宅から急階段が川まで伸びてました。
毎日登り下りしてたら、足腰鍛えられそう。



160620-13.jpg

これぞ郡上八幡、やなか水のこみち
ここはやっぱり玉石が濡れてる方がステキ!!!


のんびり歩いて一時間の、動き出す前の郡上八幡散歩。
食事処や民芸品屋さん、特産物屋さんも博物館も、
どこもまだ開いていなくて、
ただただ、町を眺めながら散歩した時間でしたが、
イヌと一緒にのんびり歩くなら、人の多い時間よりも、
朝の静かな町の方がずっとイイ♪



車に戻り、山の上にチョイ移動。
お城直下に駐車場があるとの事なので、ならば行ってみようかと。
旧庁舎記念館に貼ってあった城のポスターが、それはもう美しかったもんで。



160620-17.jpg

寄って良かった、本当に美しいお城でした!


郡上八幡城のオフィシャルサイトは 【ココ】 をぽちっとな♪

天空の城や、四季折々の素晴らしい写真が見れますよ。
カメラマン心をグイグイ刺激されるスポットが、
あちこちに広がっていて、春夏秋冬いつ来ても楽しめると思います。


見晴らし台まで家族揃って散策してから、
オトさんとトリオには先に車に戻ってもらい、
ワタクシ代表で入場して来ました。
木造4層5階建の天守閣、上り応えありましたよ~
下りて来る時、太腿が痛くて痙攣起こしそうでした。



160620-15.jpg

最上階より町を見下ろす


どうよ、オレの町!!! 的な気分になりますわね。



160620-16.jpg

青空に石垣と白い城壁が映えること


郡上八幡に来たら、ぜひ立ち寄られる事をオススメします。

ただし、中腹の城山公園Pから、山頂の郡上八幡城Pまでの道は、
道幅が狭い一方通行の超絶ヘアピン山道です。
我が家のエルグランドですら、カーブ曲がりきれず切り返しました。
大きな車で、更に路面が濡れてる時、しかも4駆じゃないとすると、
下手すると大事件になりかねませんので、ご注意をば~



この後は高山を抜けて上田へ移動。
途中、道路横の川があまりにも透明だもんで、
こうなるともう、ソワソワしっぱなしの我が家。
降りられるポイントを探し、数度目の停車でヒット。



160620-18.jpg

珊瑚とカイヤはがっつり泳ぎ、ランコは行水


二度と立ち寄る事のない、通りすがりスポットでしたが、
いい川遊びポイントでした。家の裏があんなだったら最高だよな~



160620-19.jpg

上田城跡公園で大河ドラマ館へ


旬な場所だけに、平日なのに観光バスツアーな人々がいっぱいでした。
土日は更にエライ事になっているのでしょうが、
月曜日だけあって、大河ドラマ館も空いてる~


上田付近には行って見たい場所が幾つかあるので、
ブームがひけた頃に、またゆっくり来てみたいと思います。


軽井沢のツルヤでお買い物して、夕方6時に無事帰宅。


新しい相棒となった車の、記念すべき初遠征だった今回の旅。
カイヤの予選通過も叶ったし、
見たかった新幹線も、行きたかった郡上八幡も堪能出来ました。

どこもかしこもステキな景色だったので、
またいつか、違う季節にも行って見たいかもー

スポンサーサイト

Go WEST


まだ薄暗い早朝、ソロソロ~っと出発。


150606-01.jpg

なんか、今日のNDA凄い盛り上がってるよ



そうです。今日・明日と河口湖でNDAのジャパンカップなのです。
残念ですが、カイヤはおよびでない。

選手入場のセレモニーを見て、来シーズンへの闘志を滾らせて撤収。
来年のジャパンカップに来られるよう、日々修練するとしましょ。



150606-02.jpg

おー、富士山チラッと見えてきたー!!!


近くに来ても中々寄れなかった富士山浅間神社本宮で参拝をして、
バビューンと清水港まで移動。
河岸の市で釜揚げシラスと桜海老、スーパーでライスのみを買い、
持ち歩いているMy丼鉢に、それぞれをテンコ盛りにてお昼ご飯。

ライスよりシラスの多い山盛りシラス丼。口の中が海老でいっぱいになる桜海老丼。
お店に入らずに味わう贅沢。 うひひ♪



150606-03.jpg

国宝 犬山城に寄ってみました



駐車場のおじさんに聞いたら、
イヌは門の所までなら一緒に行けるよーと言われたので、一緒に出動。

第一駐車場から徒歩10分。
先月の鶴ヶ城みたく沢山散策出来ると思っていたんですけどね~



150606-04.jpg

残念ながら、イヌはここから先には入れませーん



あまりにも直ぐにNGラインに着いてしまったので、不完全燃焼でした。
仕方なく門の所から中を覗いて天守を眺めて撤収。
駐車場代が勿体無かったかも。


彦根まで移動する途中、すんごい田舎の山中で激空きのお風呂に入り、
翌日の買出しを済ませてから会場入り。
寒いー寒いーと連呼しながら、先に到着していた友人と夜宴会をして就寝。
色んな話が聞けて、まぁ面白い夜でした。

笑った笑った。

兄弟姉妹会へ


金曜日の夜8時に群馬を出発し、一路西へ。
夜中に到着したココはどこ~♪



141025-01.jpg

浜松SAでの爽やかなアッサー


もうすぐカイヤ達兄弟姉妹も一歳になります。
成長を皆で祝いたいよねと言う事で、真ん中ら辺の愛知県にて再会と相成りました。
実家から旅立って以降会っていないヒビトとマコウ。やっと会えるね~。



141025-02.jpg

浜松なので餃子パンと三ケ日みかんパンを食す


朝ご飯シリアル持参で行ったのですが、SA内のパン屋さんにとっ捕まりました。
餃子とみかん、魅力的なんだもんねぇ。


141025-03.jpg

浜松しゅっぱーつ!


初めて通る第二東名を楽しみつつ、知多半島のディニーズガーデンへ。
貸切ゾーンでの兄弟姉妹会&ゴージャスBBQまであと少し!
うぉー、逸るわぁ~



141025-04.jpg

キアラ×TIMっ子、6頭揃いぶみっ



わー、夢のような光景だー。
昨年の冬見に行った時、6頭ギュムッとまとまって肉まんじゅう寝してた子達が、
11ヶ月半の月日が過ぎて、こんな立派に成長して、、、涙無しには見られないっ!



141025-06.jpg

カーチャン キアラ



141025-05.jpg

トーチャン TIM



141025-07.jpg

子供達にはオモチャは譲らない、子供より子供っぽいトーチャン



141025-08.jpg

そして、そのトーチャンの隙を付くカーチャン



どの子供達よりも、この日一番オモチャを奪取していたのはトーチャンTIM。
どの子供達よりも、この日一番駆けずりまくっていたのはカーチャンきあら。



141025-09.jpg

わらわら・・・・



141025-10.jpg

一気に走り抜けられると誰が誰だか分からん



141025-11.jpg

実はこういう展開に混ざれないカイヤ



カイヤは会って直ぐのイヌと即絡む事が出来ないもんで、
兄弟5頭がワーッ!と走って行っても、一緒にどやどや走り出せません。

今ではすっかり公園友達になったワンコとも、
二回目・三回目で打ち解けられるようになる慎重派。

ちょっと時間が掛かるカイヤなんだけど、ま、それがカイヤの個性。
いきなり出会ったイヌと、一緒の空間で諍い起こさず居られるようになった事が、
彼女には大きな成長かと。



141025-12.jpg

姉妹の安心感だからか、マリアには自分からアピールしてみたりして~


でも尻尾は巻き過ぎで横から出てるけどね。
このスタイリングがカイヤのデフォルトという事で。



141025-13.jpg

左右より、上から下まで嗅がれまくりでモテる珊瑚



141025-14.jpg

同居犬のようにコットをシェアするラン子とマコウ



歳とってラン子の角がすっかり取れたなぁと思う光景でした。
ラン子とマコっちゃん、もっと密着して寛いでる瞬間もあったんですわ。
カイヤと同じ雰囲気をかもし出してるからか?



141025-15.jpg

夢の家族写真、大成功♪



ゴージャスな海鮮に、やわらか~いお肉、美味しい炊き込みご飯などなど、
BBQも満喫し、たくさんおしゃべりして、イヌ達はゆる~く好きに走り回り、
楽しく兄弟姉妹会を満喫させてもらいました。


そうそう、カイヤは調子こいてカーチャンにチョッカイ出し激怒されてましたっけ。
やっぱり母は偉大でした。母の一喝、即たじたじカイヤ。
やーいやーい♪


タフで明るいキアラとTIM、母ちゃん父ちゃんから良いトコロもらって、
兄弟姉妹みんなイイ子に成長してました。


一歳を過ぎたら、皆それぞれ各方面で本格的にドッグスポーツを始める事でしょう。
応援してますわよーん。カイヤも頑張るからねー!


またの再会を約束して、暗くなった愛知県を後にします。


いざ東へ。


家には帰らないんだ、これが!

ビーチ独占


明日の日曜日はフライボールの大会なので、
前日のうちに、海の幸を堪能しに行っておく事にしました。

何年越しになるか、何故か相性が悪い食事処があり、
来年こそは!と思っていたのですが、
やっぱり今年もタイミング合わず。なんでかなぁ~



130608-01.jpg

アタシも行ってポーズきめた方がイイかしら?



ラン子は行かなくてよろし!



砂という程でもなく、砂利という程でもなく、
危険な破片などのゴミ類が殆どなく、理想的な砂浜でございます。
荒くれイヌが走り回っても、体毛に砂が入り込まないのもステキ。


砂浜のすぐ後ろは造園中の公園です。
数年前に訪れた時は立ち入り出来なかったのが、
芝生が生え揃い、あと少しで全部完成する模様。

(園内散歩は可だけど、芝生内はイヌ禁)



遊具を見つけ、嬉々として向かっていったオヂサン。



130608-02.jpg

撮れてた写真は、この上ない脱力作品



何だろう、嫌な事があった時にこれ見たら、
ベクトルが上に向きそうな気がするー


明けて日曜日、チームごーワット暑い中みんな頑張りました。
スタート前わりと静かな大きい黒白茶ボーダー組に対し、
小さいイヌ組の茶色~ズの二頭が、
大型犬の如く雄叫び上げる姿が面白かったです~


M’sと忍野八海

土曜日の朝日と共に出発して、到着したのは富士の裾野。
今月末から始まるエクの予選に向けて、
ぼちぼち珊瑚ちゃんに思い出してもらうべくM'sへ。

半分までまっ白な富士山がドドンと見えてました。
薄っすら目を開き、数秒後には再び睡魔に引き込まれる、
そんな作業を繰り返してたワタクシ。
キレイな富士山も数十秒しか見ていない気が・・・オトさんスマヌ!


120407-01.jpg

思い出してくれた珊瑚、エクを始めた当初の如く大ハシャギ



危なそうな場所を安全に攻略出来てるか、体の方に異変は無いか、
その辺の確認も、今回の大きな目的の一つ。
ハンデ持ってる珊瑚にとって、肉体的に参加出来るのかどうか、
先ずはその見極めからのスタートです。



120407-03.jpg

楽しかったのーっ!



そらよかったね♪



現地での目視と、帰宅してからのビデオコマ送りチェックで、
デンジャラスゾーンも上手く捌けているのを確認し、
今年も楽しく参加いたしましょうとなりました。

そんな訳で今年も、『ぼちぼち』 を肝に銘じつつ、
エク予選を楽しもうと思います。サリたん見ててね~



お昼は小作でほうとうを頂きました。かぼちゃほうとう美味し!

くちくなったお腹を揺らしつつ、以前行きそびれた忍野八海へ。



120407-04.jpg

お土産やさんで焼いてる草餅の誘惑を振り千切って突き進む!



120407-06.jpg

驚きの透明度でした。あぁ~泳がせたい!!!



ブルーホールみたいで、とてつもなくキレイだったのですが、
写真で撮ったところで、所詮平面。深みまで伝わりませぬ。

お近くまで行かれる機会があったら、ぜひ覗きに行って見て下さい。
なんかもう言葉が出ませんでした。視界が 『くにゃり』 となります。



120407-07.jpg

ほれ、そこ見てみそ、魚泳いでるよ



120407-08.jpg

じー



120407-09.jpg

お釜池から流れ出る水路も超絶キレイ~



のんびり忍野八海を散策して、のんびり帰宅の途へ。
帰り道こそ助手席の使命を全うせねば!話題を提供し続けなくては!
と思ったはずなのに、気付いたら高速降りるトコでしたとさ。

役立たずー。


フラボの前に沼津にGO


遠出のお出掛け、果たして何時以来だ?と、
思い出すのも難しいくらい久しぶりの車泊お出掛け。
サリ珊瑚の食事と消化の塩梅を見極めつつ、ゆっくり行程での出発となりました。



ごはん食べさせ、ぶらり途中下車の旅を見てから出発進行。
中央道の渋滞は気にする程の事態ではなかったので、一気に富士山麓まで。





ゲーすると大変だから、今回はゲージinなんだってさ



チョッと長いので、続きを読むからどうぞー


続きを読む

伊豆半島ぐるんの旅 其の8 旅の〆は雪山で

8回連続になってしまった伊豆半島の旅もこれで終わりです。
引っ張りまくってしまいましたが、最終は南国の雰囲気あふれる伊豆ではなく、
いきなり雪山です。富士山どーん!です。




外が明るくなり、この日差しならきっと富士山がバッチリに違いないと思いつつ、
車のドアをンガーっ!と開けてみたならば!


ならば!!!



110102-01.jpg

あっぱれ富士山、日本晴れ♪



空気がピーンと冷えているからか、谷や登山道までクッキリはっきり。
旅の最終日に、おめでたさ5割り増しの富士山に出会え、
こりゃー年の初めから幸先良いでございます。イイことありそうな2011年。



せっかくこんなにキレイに富士山が見えているので、
更にグッと近寄るべく、通り道の朝霧アリーナで記念撮影大会。



110102-03.jpg

随分と富士山に近づいたわね



ラン子が首を伸ばし目を細めながら感嘆する富士山とは?



110102-08.jpg

距離が縮まりアッパレ度が増しましたよ




110102-07.jpg

富士山の上に鏡餅みたくミカン乗せたいわー



日差しは燦々としているのですが、いかんせん大気はチョー冷たい。
耳がジンジンしてくる寒さでした。昨日までの伊豆が別の国のようです。



富士山を後にして、甲府を抜け甲州街道を一気に小淵沢まで。
八ヶ岳リゾートアウトレットに寄りました。
お昼頂いた後は、八ヶ岳の山々を左手に見ながら、高原ラインを走ります。
路肩にある雪が、少ないながらも次第に増え始めた頃、まきば公園に付きました。


110102-04.jpg

八ヶ岳山塊を眺めつつ休憩



まきば公園からの眺めは、前を向いても後ろを向いても素晴らしい眺めでした。
車は結構停まっているのですが、そこそこ風も吹いており、
ひとしきり景色を眺めると、皆さん、まきば館の方へ暖を取りに行っちゃう模様。

そりゃそうだ。この冷たい大気の中で元気なのは、
ちびっ子と犬達くらいなもんです。大人はしんどいー



110102-05.jpg

チョッとだけ息抜きタイム


そしてこの後、珊瑚ちゃん両前足から流血の大惨事。
大はしゃぎしすぎ&突っ込みすぎだってば!
久しぶりに救急セットが活躍しました。ったくもうー



清里を抜け、野辺山のパラボラを横目に眺めながら佐久市へ到着。
高速1000円の割引が適用される様になってから、
滅多に佐久を走る事が無くなってしまったので、
一般道で市内を走るこんな時にこそ寄ってみたかったお蕎麦屋さんへ。

【草笛 佐久店】   食べログは【コチラ】



昼の営業終わり7分前に滑り込みでしたが、気持ち良く案内してくれ、
慌てる事無く、ゆっくり美味しいお蕎麦を頂きました。
お蕎麦も野菜天ぷらも美味しかったー♪ また寄ってみたいと思うお店です。

この後ものんびり一般道を走り、地元の神社に新年の挨拶をしに行った後、
実家にお土産を置きに行き、おせちとお雑煮食べて帰宅。
お疲れちーん!の乾杯をしてホッとする頃には、トリオは既に爆睡してました。




珊瑚ちゃん、この年またぎの旅はいかがでしたか?



110102-02.jpg

チョー楽しかったよ♪



そっか、そら良かった。
次の遠方旅行までには車検があったりするので、
車泊仕様を模様替えしようかと思ったりしてます。出来るかなでっきるかなー


伊豆半島ぐるんの旅 其の7 見事な夕日

長々と続いている伊豆の旅ですが、この次で〆となるので、
もう少しお付き合い願います。



ゆうすげ公園を出た後、にわかにお腹が空きました。
何となくラーメン食べたいよねぇーと言葉に出した途端、
もう他の品が思いつかない!どうしてもラーメンが食べたいのー!

伊豆半島の西側海岸線は大きなお町が無いのに加え、
やっと発見したラーメン屋さんはお正月でお休みばかり。
土肥金山のお食事処に寄ってみましたが、肝心のラーメン無いしー

戸田の町でも見つからなかったら、コンビニでカップ麺だと思いましたが、
漁協のチョイ先で、『ラーメン』の文字が電光看板で動いてます。助かった♪

どこの町にもあるようなラーメン屋さんでしたが、おばちゃんが優しくて、
餃子も美味しかったし、野菜ラーメンは野菜ドッサリだったし、
飛び込みで入ったお店でしたが、新年早々大当たりでした。
店名忘れちゃったけどー



お腹が落ち着いた所で戸田港へ向かいます。
民宿が立ち並ぶ細い道を進み、御浜岬公園へ。堤防沿いに駐車場があります。



110101-16.jpg

堤防の上で富士山と一緒に



110101-17.jpg

小さな港に、これまた小さなビーチがあり、海水の透明感がお見事!
泳がせたいなぁと思いましたが、うっかり許可したら大変です。
砂浜の外れに草地があるのでトリオ放牧。
お正月とあって、静かな人の気配の無いビーチでのんびり出来ました。



そろそろ夕日の時間です。戸田港の後ろにそびえる山に駆け登ります。
場所を探しながら20分くらい山道を走ると、車5台くらいが停まれる、
瞽女(ごぜ)展望台に到着です。



三味を弾き、歌を唄い踊る盲目の旅芸人を、瞽女と言った。
瞽女の一行の足は遅く、この峠の道で大雪に遭い凍えて死んだと言う。
雪が消えて村人が見つけ、きのう三味を弾き歌を唄って
一夜を楽しませてくれた瞽女さんの哀れななきがらを
ねんごろに葬ってやったと言う瞽女の塚が今もある。
そして、村人は旅人の安全を祈って、ここに瞽女観音を祭ったと言う。

【戸田観光協会の説明看板より】





110101-18.jpg

ウッドデッキが張り出してます。こんなキレイな場所なのに誰も居ないー



途中一組だけファミリーが来ました。
小さなお兄ちゃん、僕だって小さな犬なら大丈夫なんだよと訴えつつもトリオに興味津々。
ママに励まされつつドキドキとサリ子にタッチし、可愛いねーと言いながら、
いっぱい撫でてくれました。中型犬も好きになってくれるとイイな。



いよいよ夕日が海に落ちる頃には、再び誰も居なくなってしまいました。
では、西伊豆の絶景の夕日をご覧下さい。

とってもキレイなので、少し写真のサイズ上げます。





110101-21.jpg

さっきまで遊んでいた戸田港が、箱庭のように見えます






110101-22.jpg

後ろを振り返ると、山が燃えるような紅に染まっていました





110101-23.jpg

自然て凄いね、凄いねとしか言葉に出来ない景色にため息です





110101-24.jpg

今朝、初日の出で見た太陽が沈んで行きます






110101-25.jpg

落日の瞬間まで、雲の色が刻々と変化し、息を呑む美しさでした



言葉にならない時間を過ごした瞽女展望台でした。
ベタ凪ぎの駿河湾に一艘の船が浮かび、夕日・雲・船・戸田港、
それはもう圧巻の夕日絵巻でした。来て良かった伊豆半島!



箱根駅伝と帰路との関係で、来た道を戻るのは止めて富士山横を走り、
長野県から群馬に戻る事にしました。
暗闇の中、我が家定番の 【道の駅富士川楽座】 に到着し、
これまた定番の桜エビかき揚丼を食べてから就寝。
朝起きたらどんな富士山が見られるのか楽しみー♪



伊豆半島ぐるんの旅 其の6 伊豆の先端で叫ぶ

小さい頃からなぜかお正月は朝風呂に入っています。
伊豆と言えば温泉。お元日に露天風呂で朝湯なんて極楽すぎるでしょ~

という訳で、温泉施設のオープン15分前に到着し、準備は万端。
開館と同時に突入し、見知らずのご婦人と互いに意識しつつ、
一番風呂をGETすべく猛ダッシュで身支度を整え、浴室ゾーンへ。
惜しくも露天風呂の一番は逃しましたが、内湯の一番は頂き♪



露天風呂で足を伸ばし、上を見ると青空がパッカーン!
それはもう此の世の極楽状態でしたねぇ。
コインロッカーが今時100円飲み込みタイプだったのと、
入浴料金が高かったのに目を瞑りさえすればですがー



スッキリさっぱり気分が良くなった所で 【石廊崎】 へ。
いよいよ伊豆半島の先っぽに到着です。
ここも駐車場は500円。今回の旅はあっちゃこっちゃで料金徴収です。



110101-07.jpg

眼下に見え隠れする穏やかな青い入り江を眺めつつ、
15分くらい歩くと、真っ青な太平洋がドーン!



石室神社の鳥居脇にいる狛犬が何やら変わった物を押さえ付けてます。ハテ?



110101-08.jpg

のわっ!獅子面魚だっ! 海上安全の神社ならではですね



110101-12.jpg

石廊崎灯台の向こうには、水平線に浮かぶ伊豆七島が見えてます。
白亜の灯台が空と海とに映えてキレイ~



110101-09.jpg

海に吸い込まれるような急階段を下ります




110101-20.jpg

岸壁に張り付くように、石室神社がありました。
お参りする人で中はギュウギュウ。
トリオとオトさんは外で待っててもらい、代表でワタクシが参拝。



110101-10.jpg

おかーさん、下を見るとすっごいよ!



そうだね。教えてくれたのに悪いんだけど、
おかーさんはおっかなくて覗けないさ。



海の青さがそれはそれは見事でした。周囲ぐるりと景色は絶景!



110101-11.jpg

珊瑚は海で泳ぎたいでぇーっす!



うるさい子だねぇ



遠くを見ても足元を見ても、どっち見ても絶景だらけの景色に、
凄いねー、来て良かったねーを連呼しつつ石廊崎を後にしました。



石廊崎から程なく5分くらいでしょうか。路肩に駐車場が見え、
オトさんの絶景アンテナがビビッと反応。 【ゆうすげ公園】 との事。
丘の上まで一気に駆け上がると、オトさんが驚愕しています。



110101-13.jpg

180度どころか、首を全部回さないと見渡せないくらい、
ぐるーんと視界いっぱいの海原が広がります。
カメラには到底収まらず、こんな爽快な景色は始めてー!!!



110101-15.jpg

あいあい岬方向がバッチリ見えて、これまた絶景です



奥石廊は絶景だらけで本当にキレイで、これでもかと写真撮ってしまいました。
後でカウントしてみたら、この付近だけでもオソロシイ枚数に。

アハハーだ♪ ヾ(@°▽°@)ノ


さて、後は夕日を見るべく伊豆半島付け根まで一気に走ります。
間に合うか!お腹も空いたぞー!



伊豆半島ぐるんの旅 其の5 2011年は下田から


2011年になりました。本年もトリオ共々よろしくお願い致します。

今年もあちこち旅行予定の我が家、
東西南北、トリオ連れてウロつく予定です。ファイッ!!!



朝4時の目覚ましで起きました。8時間も寝こけてた訳です。アハハ~

初日の出スポットは爪木崎。道の駅からサクッと10分で移動完了です。
この時間なら余裕で停められるだろうと思っていたら、
既に駐車場はギリギリ。ふぇー! さすが人気スポット。



110101-01.jpg

2時間半後、おーっ!白んで来ましたよ



110101-02.jpg

出たーっ



チョッとだけ水平線に雲が掛かってしまいましたが、
それでも見事な初日の出を拝む事が出来ました。



110101-03.jpg

ランサリ珊瑚、2011年の太陽光を背負ってご挨拶



眼下に広がるビーチは猛烈にキレイなブルーで、
岬一つ向こうにある灯台までは散歩道があったのですが、
車を移動しなくてはならない関係で断念。
爪木崎の駐車場は料金が500円掛かりますが、夕方5時くらいになると、
FREEの看板が出て、料金徴収オジサンはお帰りになっちゃうようです。
夕方でも明るい時季ならば、そのタイミングで寄る方が良いかもしれませんね。



再び道の駅に戻り、まだ営業前の観光黒船と記念写真。
ここ、一番上手い塩梅に写真が撮れるように、モデル・カメラマン、
それぞれのベストポジションが路面表示されてます。
ならばその場所で写してみましょうとも。



110101-04.jpg

おぉ、正しくベストポジション!


人&トリオ、朝の身支度を整えたら、コーヒー落としたカップ持って、
二階のデッキで日に当たりながら寛ぎましょう。



110101-05.jpg

こんなボンヤリした正月の朝もアリですね♪



回転寿司をバックにのんびり。風も穏やかで陽光はポカポカ。
上空をトンビがピロロロロロ~と鳴きながら飛び、
さっき写真を撮った黒船が、港内クルーズに出発していくのを眺める。
海がキラキラしてるし、コーヒー美味いし!

我が家のお元日の朝は、とってもゆっくりした時間でした。



110101-06.jpg

そらもう横倒しで寝ちゃうくらいな極楽時間



豪華なホテルでの年明けではありませんが、この時間は凄く贅沢でした。
観光客が来始める、ショップの開店前に道の駅を出発。


今日は太陽と並走しながら西伊豆を走り抜けます。
伊豆半島最南端を制覇ですよー


■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。