HOME   »  水泳&カヌー
Category | 水泳&カヌー

蝶、超キレイ



毎度変わらずの川画像ですが、
あと残り数回くらいの風物詩なので、ご勘弁下さいませね。


朝からワタクシの事情に付き合ってもらい、
ジッと我慢の子だったトリオ。

午後三時をまわったとこで、雨雲レーダーを確認し、
この雲塩梅ならOKだ、行って来ようかと出発。



170827-01.jpg

いやっほう!



170827-02.jpg

本日ようやく地面におりてくれて、撮影出来ました


いつもヒラヒラ周囲を飛んではいるものの、草に止まることが無く、
実際どんな色柄なのか分かりませんでしたが、
今日ついに数メートル先の地面に着地してくれました。
ソロリ・ソロリと近付き、1Mくらいまで接近成功。
模様までしっかり写せて、やっとミヤマカラスアゲハと判明。
なんとまぁ、綺麗な瑠璃色だこと。



170827-03.jpg

半袖じゃ寒いくらいで、ランコも快適



ススキも開いて、山奥は着実に秋に移行。
ますます熊に注意しなくちゃだわ。



170827-04.jpg

あと何回泳ぎに来られるかな?


帰り道に彼岸花が咲いてるのを発見。
いくらなんでも、まだ早すぎやしないか?


久しぶりの晴れ間には



雨だの曇天だのばっかりですね。
一息ついたから、イヌ達を遊びに連れて行こうかと思えば、
外に出たら雨が降ってたり、途中で降りだしたりで、
その気になった珊瑚とカイヤが気の毒で。

庭に突如キノコやコケが生えたりして、
今年の夏は本当に変だ!


日曜日、勉強とジムとが一段落したところで、
貴重な雨間をぬって川へ。
ちょっとぐらい降ってたって、もうかまうもんかと。


170820-01.jpg

行ってみたらば晴れてましたー

水量も良い具合で、透明度もナイス。
相変らずの独占。イッヒッヒ♪


170820-04.jpg

10歳になったけど、珊瑚はいつでも全力投球



170820-06.jpg

カッパ・・・



170820-05.jpg

楽しそうだねぇ、来て良かったねぇ



170820-02.jpg

帰宅後に写真見て、ゲストが写っていた事が判明。
珊瑚のケツの辺りに何かが居るのです。



170820-03.jpg

ヤンマ写ってたー!!!


こないだは大きな瑠璃色の羽の蝶がヒラヒラしてたけど、
この日はヤンマが縄張り巡回してました。
写そうと思っても追い切れないのですが、
遠くから望遠で撮ってたら、偶然入ってたと。
無欲の勝利。

ようこそ、北関東水泳部へ



衝撃的だったスイミングデビューを果たし、
川遊び初めの坊ちゃま。



170624-01.jpg

ぷぷぷ…、君も 【水場に来ると制御不能になる系】 だったのね。

お姉さま達のオーラに押されてるトコが可愛い。
北関東水泳部入部おめでとさーん。
一緒にいっぱい泳ご!

川開き



いつもの川への道は、
相変らず落石やら倒木が転がるデンジャラスロードでしたが、
熊にも遭遇せず、今年最初のスイミングしてきました。
( 昨年は一回だけ至近距離で遭遇しちゃったのだ )



IMGP8710.jpg

珊瑚にいたっては、昨年の川終い以来の水浴び。
ひどいわー

こんな山奥のキレイな場所なのに、
どうしてBBQの焚き火跡と焼き網を放置して行くのか、
人間のバカさ加減にがっくりです。呪われるがいい!

夏に向けての準備



大幅に予想を裏切る間隔でカイヤにヒートが来ちゃった先月後半。
出血は完全に止まり、お色気臭もホボホボ消えかけた模様。
公園で会う殿方にも嗅がれなくなりました。

微妙に香る尻を洗いたい・・・

そうだ、川遊びの下調べに行こう♪


160515-01.jpg

早く泳ごうよ!!!


あんなに泳ぐのビビッてた子が、
水場に着くなり一目散に泳ごうとするとはねぇ・・・


倒木も落石も道路を塞ぐ事なく撤去されてました。
ぐるりと周囲の山肌を見渡し、熊が居ないのを確認。
更に珊瑚にワンワンと吠えてもらい、
『イヌキテますよー!』 の主張を忘れずに。


160515-02.jpg


いつも泳ぐゾーンは、少しの変化だけでしたが、
山奥方向の河原の形が大きく変わっておりました。
冬の間に何があったのだろうか???


160515-03.jpg


天気が良くて、光量がたっぷりあると、
水の動きが良く写ること!

ど派手な水しぶきを上げ、不必要に飛び込むのは、
もちろん珊瑚。


160515-05.jpg

ランコはもう水には入らなくて良いんだそうで。

河原に記載されている山の情報を、
そりゃもう熱心に収拾しておりました。

あの辺りの獣達ゴシップにも首を突っ込みたいようです。


160515-04.jpg


これから梅雨明けまでは水量が減り、
ワンサカと藻が生えるので、快適とは言えませんが、
今年も秘境通い決定♪

奈良俣湖へ



カヌーシーズンが始まる前に、
新艇の塩梅確認へ奈良俣湖へ。


ワンカップのお酒買って、簡易進水式も済ませ、
いざ、湖へドボン。


160505-01.jpg

カイヤ、姿勢良すぎ



160505-02.jpg

諸々の事情があって、ワタクシとランコの舟は取替え決定


実際水に浮かべて漕いでみないと、
舟ならではの特性や、イヌ乗せ感が掴みきれないもんです。
ダメならダメで、何か対策を取らないとシーズンイン出来ないので、
やっぱり事前確認は大事でした。

今シーズンはワタクシも船長ですわよー!

一人乗りの、一人船員だけどね。ふひひ♪


紅葉と進水式



シットオンのカヤックを手に入れたので、
紅葉を見に行きがてら、試乗の為に奈良俣湖へ。

紅葉はまさに今が最盛期でした。


151024-01.jpg

黄葉メインに色とりどりの風景



黄色くなった唐松が風でパラパラと飛び交っていて、
それがまた陽光に反射してキレイだこと!



151024-02.jpg

やっぱり泳いじゃうのねー



151024-03.jpg

湖もこれで泳ぎ納め


ここに来たら泳がずにはいらんない!なイヌ達のガス抜きは必須。
水量がちょうど良く、遠浅なビーチになっていたので、
今年最後の水泳を心置きなく楽しんでもらいました。


ほれじゃ、いよいよもって、本日のメインイベントの進水式。

151024-04.jpg

乗ってみるとかなり小さかったけど、漕ぎ易くておもしろいー



ワタクシとイヌ1頭でめいっぱいなサイズだったので、
オトさん用のはサイズアップした物でないとダメなのが判明。
確認しに来て良かった~



151024-05.jpg

撤収後は紅葉眺めながら、のんびりお茶会


今までのカヌーだと、解体や乾燥やらで時間が掛かり、
汗だくになってグッタリでしたが、エイヤッ!と車の上に乗せるだけなので、
疲労度は格段に減ったようです。
乗っけるのは慣れだと思うので、オトさん頑張って慣れて下さいませ。

コーヒー飲みつつ、この葉っぱは何の木だとか、
この葉っぱの色が一番いい色だとか、紅葉を愛でつつ、
風に吹かれる木の葉の音しかしない空間で、
なんとも贅沢な紅葉狩りタイムを満喫。



151024-06.jpg

終始ごきげんだったラン子婆さん


151024-07.jpg

真横で叔母が延々と撫でていてくれたから~


奈良俣湖から照葉峡を抜けて片品へ。
照葉峡は奈良俣湖からすぐなのですが、
バスや大型の車は走行不可な道沿いなので、
知る人ぞ知る紅葉スポットです。



151024-08.jpg

こちらも紅葉が最盛期でした


何ヶ所もある滝と紅葉が見事な照葉峡。
すばらしい場所なのですが、マイナースポットなので、
駐車スペースが殆どありません。あっても数台。
空いてる駐車スペースを確保出来たら、
歩いて見て回るのが良いかと思われます。

どんどん細くなる道を突き進み、尾瀬に抜けて片品到着。

芳美亭でパリパリな唐揚げ定食を頂き、
目の前の直売所で野菜を買い込み、帰宅の途へ。

来年は、これにプラス温泉で来ましょっと。


来年までアディオス!



昨日は都会に行っておりました。
駅ナカで押寄せる人々に揉まれ、
真っ赤に続く渋滞のテールランプにやられ、
精神的にくたびれて帰宅。
イベント会場で良い買い物が出来たのでヨシですけど。



この日は夏の名残的な気温が予報されており、
もうこれを逃したら行けないなという事で、ブブッと山へ。


151004-02.jpg

ほんのり河原も色付き始めている模様



去年ほどは通えなかった秘境。
熊に会ったりと、衝撃的事件もありましたが、
今年もお世話になりました。
今日が本当にホントの川終い~。


水に入るまえに肛門線絞って、
準備運動して、オモチャの準備して・・・



151004-01.jpg

ねぇ、まだぁ? カーさん準備遅い~!



ヒャンヒャン・ギャンギャン催促されましたわよ。
うるさいわねぇ。
熊除けになるから吠えてくれて良いんだけどさ。

真夏と違い、既に水温は秋モード。ひゃっこい!
少しは躊躇うかと思いきや、
これっぽっちもためらわないスイマー組。



151004-05.jpg

水の澄みっぷりは半端無い透明感



151004-04.jpg

車下りて3秒で貸し切り天然プール



151004-03.jpg



心底この環境は贅沢でありがたいと思うのですが、
いかんせん、ここに到着するまでの山肌は、
更にデンジャラスな様相になってました。
土砂崩れ・・・・しませんように・・・と、
思わず息をころしながら走行。
だから人が来ないんですけどね。オッカナイもん。



151004-06.jpg

さささ、これが今シーズン最後の水泳大会ですよー


多分ね。。。


放っておくと真冬でも水に入っちゃうのですが、
飼い主的には本日で打ち止めたい所存。



151004-07.jpg

川の神様、今年もありがとうございました。

でもって、どうか来年も道路が無事に通れますように~

舟部のキャンプ



天気に邪魔され一週間延期になった舟部のキャンプ。
急な延期で部員全員集合とは行かなかったのですが、
参加出来る面子だけでお泊まり&カヌーを満喫して来ました。


150906-01.jpg

寝床の準備が整ったら、後はひたすら食すのみ



スカイ家の合流を待って、イヌ達はスイミング大会。
程よくお腹が空いてきた頃には既に夕刻。
いざ、焼き焼きパーリー!



150906-02.jpg

ジュージュー焼き鳥とか、もっちもち麺のラーメンとか♪



この日は久しぶりに日中太陽が照りつけたものの、
夜になるとグッと気温も下がり、温かいラーメンが美味いの何のって。
ほんのりオレンジ色の灯りの下でする野外トークは、何であんなに楽しいんだろか~


翌日は早速天気が崩れる予報だったので、
朝早くからトットとカヌー漕ぎ出しました。



150906-04.jpg

しゅっぱーつ!!!



150906-05.jpg

鏡に写ったような世界をカヌーは進むー



ツインカヌー隊の腕が上がったようで、
想定外の速度にオッタマゲ!速くて追いつけないよーい。

本日は入り江まで頑張ります。



150906-06.jpg

静かな山の中、誰にも邪魔されず、舟部の面子だけで満喫する幸せ~



天気の崩れが早いと難儀な事になるので、
今回は入り江でたっぷり遊んで、後はのんびり引き返すプラン。
ここは開けているので、熊もマムシも心配せず遊べます。



150906-07.jpg

ジャイアントロックから、ウォールを抜ける秘境ポイント



この日は風も無く、動力に頼らずともフンフ~ン♪とご機嫌で漕ぎきれました。
わりと余裕でキャンプサイトへ帰還。

お昼は再びラーメン茹でて、別味スープで堪能したり、お肉焼いたり。

珊瑚とカイヤは、レオ家のチビッ子リオン嬢と親睦を深める事に成功しました♪
今回のキャンプ、ワタクシの密かなる目的達成。ムッフッフ・・・

(※キョン2、お写真使わせてもらっちゃいました)


150906-09.jpg

カイヤ、お姉ちゃんぶってみるけど、体格はもう互角だよ



150906-10.jpg

珊瑚の子守、オンちゃんを手玉に取るの巻



たいして力込めずに、且つ、オンちゃんがその気になるように、
上手い具合に力抜きながら引っ張りっこの相手する珊瑚。
楽しそうで何より何より♪



150906-08.jpg

キャンプの締め括りは、土合駅で階段上り下り



【 ホームまで462段の階段を下る 】 の表示を見て、
下りないで待ってるから!と心に誓うのは、毎度訪れる度に思う事のはず。

ヤダー、下りないで上で待ってるーと声に出してはみるものの、
体力ムンムンの面子の気力に引っ張られ、ついうっかり下ってしまうワタクシ。

上ってくる時には一人激しく遅れを取りながら、
次は絶対下りないぞー!と固く決心するんだけど、どうして毎回下りちゃうんだろ。


天気は今一つで、スカッと晴れる事はありませんでしたが、
雨に降られたのは夜中だけで、楽しく二日間のキャンプとカヌーを満喫出来ました。
来年もまた集まれますように~ 


ブラッキートークナイト、楽しみにしてる!!! うしゃしゃ♪

ついに見ちゃった


いきなり来た猛暑。
下界はサクッと30度を越えてしまい、こりゃたまらん。



150711- (1)

川で泳ぎでもしなきゃ、やってらんない!



150711- (2)

あらかた藻は流されましたが、それでもまだ水量は少なめ



土曜日は用事を済ませてから行ったのが三時。
日曜日は天皇の料理番ダイジェストを見てから向かったので、五時から。
両日とも、人っ子一人遭遇しませんでした。

人には遭遇しなかったんですけどね・・・


ついに会っちゃったんです。 クマっ!


河原から上がって車を発進させて、ほんの20m。
路肩の山肌、目の高さに蠢く黒い毛玉。車と熊との距離は5m。

クマクマクマクマクマクマ!!! (と、連呼する事しか出来ないワタクシ)

いつもは到着すると、珊瑚にスピークコマンドでギャンゴラ吠えもらい、
イヌ居ますよアピールをするのですが、
この日は速攻で泳がせ始めちゃったので、熊も近くまで来てたのでしょう。
泳がせてる時はうるさく音立ててるけど、拭き上げしてる時は静かになってるしね~

熊は凄い勢いで、超急斜面を駆け上って逃げて行きました。
熊鈴と珊瑚のスピーク、やっぱ重要だ。


と、オトさんと確認し合いながら再スタートして数百メートル後、
今度はカモシカ出て来たし・・・

何だかアドベンチャーな日でした。


■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ