HOME   »  日常とトリオ  »  現実

現実

色々考えたのですが、やっぱり見て欲しい写真なので紹介します。
3.11のあの地震をきっかけに見させて頂いているブログがあります。
今も福島の現地に赴き、何とか残された命を繋いでくれている方です。
ご存知の方も多いかな。


TV画面などでは決して映らない、映さないだろう、
現地の現実風景です。遠い外国じゃない、日本国内で起きている風景です。

目を逸らさずに見なきゃと思い続けて来たのですが、
【こちら】 の記事をスクロールし写真を見た時に、何と言いますか、
自分の頭をぶん殴りたい、、、と思いました。


通常の生活を営むのと同時に、
この一枚は記憶から風化させちゃいけないと思いました。


ブログテーマの『福島』というカテゴリは、ぜひ全て見てみる事をおすすめします。
目を覆いたくなるような悲しい写真、衝撃的な光景が多々ありますが、それが現実。
何かしら受け止める思いがあるのではと思います。



【うちのとらまる】




110908-01.jpg

この寝顔を守らなくちゃ、何が何でも守らなきゃ。。。


Comment
No title
ほんと、のことが、書いてあった。
知らなかった。
知ろうとしてなかった。

ランママ、ありがとう。

いろんなことが、悔しい。

『自分に出来ること』を、考えています。

自分が授かった命を、守り切りたい。

…それくらいしか、思い浮かばないのが、申し訳ないです。
同感です
こんにちは。以前に(まだブログ社会でない頃)おえかき掲示板で
ご一緒させて頂いたボーダーコリーのボックのママです。きっと記憶に残ってない位、かな~~~り前の事です、、、(^^;

忙しすぎてHP等から遠ざかってしまっていましたが、ブログは色々な方々のを拝見して楽しませて頂いています。勿論『日々淡々』は、その筆頭ブログです。いつもランサリ珊瑚ちゃんを楽しませて頂きながら、読み逃げばかりでしたがm(_ _)m。。
今日のこのお話に同感な事と、私も東北地震を機に『うちのらんまる』を知りました。そして、動物達の悲惨な現状を数々の写真が教えてくれました。そして、今の日本の動物を保護する為の法が非常に低いレベルである事も。とてもとても心が痛みました。
ただ、今の自分の現状では ボランティアの方々のように、福島に行く事、被災の子達や里親募集の子達を預かる事、ブログ等が無いので告知なども無理なので、では少しでも何かの役に・・・と思い、ほんの気持ちですが寄付や、法の改定等の署名をさせて頂いてます。

我が子も今や13歳で、もうジイちゃん時代に突入し、悲しいかな、足腰は少し弱ってきています。。。が、食欲旺盛で脳内年齢は若いままなので、元気にウヒョ~とはじけてます。お散歩も勿論現役です!日々、愛情が増し、笑顔や寝顔を見ているだけで、涙が出そうになる位に愛しい存在です! 
ランママさんの仰るとおり、我が子を守りぬく事、それが自分の出来るなかで一番大切な事と思っています。

すみません、初コメントで長々となってしまいました。ランママさんも『うちのとらまる』見てる~と共感して、嬉しくなって思わずコメントさせて頂きました。



【もも母さんへ】
> ほんと、のことが、書いてあった。

現実の光景は、言葉や文字で知ったつもりになっていた、
そんな簡単なことじゃなかったんですよね。

> 知らなかった。

同じです。知らないままで、
字面や報道画面だけで知った気になっていた自身が、
なんて愚かだったんだろうと、本当に愕然としました。

> 自分が授かった命を、守り切りたい。

今私に出来る事は、何かが起きた時に犬達をどう守るか考え、
その為に日々やっておける事をやる事だと思ってます。
訓練然り、しつけ然り、シュミレーション然りですよね。
理不尽に命を絶たれた彼等の写真を決して忘れずに、
先ずは目の前の命を守れるよう踏ん張りましょう!きっとそこからです!
【ボックママへ】
ボックママ、お久しぶりです!覚えてますとも、覚えてますともっ。
ボックちんのイラストも描かせてもらったではありませんか~
そうですか、もう13歳ですか~。でも元気そうで何よりです♪
我が家のラン子も来月でついに11歳になります。イヌもヒトも歳重ねましたよね~
嬉しいなぁ。何だか幼馴染との再会のようで、本当に嬉しいです!!!

> いつもランサリ珊瑚ちゃんを楽しませて頂きながら、読み逃げばかりでしたが

ありがとうございました。一頭増え二頭増えでトリオとなった我が家です。
上の二頭が婆になり、珊瑚はますます調子こいてます~
読み逃げでも大歓迎ですわ。ラン子の事ずっと見ていて下さったなんて感激です。

もーすさんのブログを始めて開いた時の衝撃は、今でも忘れる事が出来ません。
こんなにも一生懸命に保護活動されている方達がいらっしゃる事と、
現地で写されたミイラになった牛達、水路に浮いて腐乱した牛達、
噛み傷だらけになりながらも、主のいない畜舎と家畜を守っていた犬、
捕獲オリの扉が落ちたのに、暴れる事もなく夢中で餌を食べる猫、
どれもこれもが『本当の福島』でした。

> そして、今の日本の動物を保護する為の法が非常に低いレベルである事も。
> とてもとても心が痛みました。

その通りですね。ワタシ自身、この地獄を作ったヒトと同じ種族なんだという事が、
こんなにも悔しくて情けなくて辛くて、ごめんなさい・ごめんなさいと、
PC画面に向かって歯を食いしばる事しか出来ませんでした。

> ただ、今の自分の現状では ボランティアの方々のように、福島に行く事、
> 被災の子達や里親募集の子達を預かる事、ブログ等が無いので告知なども無理なので、
> では少しでも何かの役に・・・と思い、
> ほんの気持ちですが寄付や、法の改定等の署名をさせて頂いてます。

そうですよね。皆が少しずつでも、自身の出来る中で勇気の手を上げる事、
そして、もーすさんのブログで公開してくれた写真の光景を決して忘れない事、
現実から目を背けちゃいけないという事、無知は罪だという事を、
肝に命じ続けようと思っています。

ヒトも動物達も、生きるという事は本当に難しいですね。
決してもう長くはないランサリとの日々は、きっと嬉しい事の倍くらい、
辛くて苦しい時間の方が多くなると思っています。
もーすさんのブログを見る事で、それでもしっかり命を見届けなきゃと思いました。

我が家も踏ん張り続けますっ!!!これからも見てて下さいね!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ