HOME   »  お出掛け-遠く   »  【東北地方】  »  2013GWその4 いざ登らん、2446段

2013GWその4 いざ登らん、2446段


写真多くて長いです



朝6時半に起きて、モソッと移動開始。
本日のスタート行事はラン珊瑚はお留守番部隊。


130504-02.jpg

行く手には未だ雪山な月山と湯殿山



130504-03.jpg

羽黒山大鳥居を潜れば、修験の山はもうすぐ



実はこの後、とんでもなくスットコドッコイなミスを仕出かしました。
旅のしおりを作り、詳細な地図だのパンフレットだのを印刷し、
準備万端で有料道路の入り口に到着したら、まだゲートしまってました。
月山ビジターセンターで時間を潰し、
それでも20分前にゲート開けてもらえてホッと一息。
登った先の駐車場に車を止めて、階段登りの準備を整えるワタクシに、
境内の案内板を見て来たオトさんが一言、

『あのさ、もう頂上に着いちゃってるみたいなんだけど』


ほえ??? ここから苦労して登るはずだけど、何言ってんの?
半信半疑で歩を進めてみると、もう本殿見えてるし・・・

何てこったい、間違って車で頂上まで登って来てしもたー



出だしにゴールに来ちゃうという致命的なミス。原因はワタクシの地図逆見。
あぁそうですとも、地図が読めないオンナですともよ!フンッ!!!


張り詰めてた気力は思いっきりトーンダウンしましたが、
やっぱり階段登ってこその羽黒山。気を取り直して下の駐車場へ移動。



130504-04.jpg

8:00 気分リセット、間違いは無かった事にしてスタート



130504-05.jpg

随神門を潜り継子坂を下る



130504-07.jpg

天然記念物、羽黒山の爺スギ



樹齢は推定1000年以上と云われているそうな。
パワーがムンムン漂ってました。



130504-06.jpg

国宝の五重塔



古色漂う美しい塔でした。真下から見上げると圧倒されます。
そしてオトさん、ここでもやっぱり仁王立ち。
五重塔横から一の坂が始まります。いよいよ修験の道へ。



130504-08.jpg

登る



130504-09.jpg

和む



130504-10.jpg

止まっちゃだめだ、止まっちゃだめだ



歩いている人はまだポツポツ程度で、
杉並木をオトさんと二人占めしつつ、ひたすら足を動かし続けます。
冷たい風が吹き抜け気持ち良く歩けました。



130504-11.jpg

うぉー、半分来たぞ!



茶店のおじさんからエールをもらい、最も急らしい二の坂へ。
負けない、負けないとブツブツ言いながら足を上げます。
この辺りで脳内に妙なアドレナリン放出。階段ハイ。



130504-12.jpg

石段に刻まれた落書き



33個刻まれてるそうですが、全部見つけると良い事あるそうな。
目を凝らして歩きましたが、9個しか見つかりませんでした。無念!



130504-13.jpg

あと少し、三の坂を一気に攻める



ここまで来たら、もう気分も筋肉も超絶ハイテンション。
額から汗がポタポタ落ちて息は切れるものの、足は上がるし、
ちょい調整ですぐ呼吸も整うし、駆け上がれちゃう余裕すらあり。
この一月、体重と筋力の準備をして来たとはいえ、
まさかこんな楽しく登れちゃうとは、己を褒めちぎりたい!



130504-14.jpg

8:50 2446段ついに登頂 



目標よりも10分早く登りきれました。ウヒー、超気持ちイイ♪
やっぱり己の足で登って来ると、先に到着した時とはエライ違い。
景色が何もかも荘厳に見えます。こうでなくちゃぁ!



130504-15.jpg

出羽三山神社参集殿、圧倒される大きな本殿



130504-16.jpg

参拝しながら見上げるとチョッと怖いの発見



清々しくて背筋がシャンとする朝の境内。
寺社仏閣は早い時間に限ります。
人も少ないので、自分ちのペースでじっくりと好きなだけ見られるし、
口パッカーンと開けながら見入ってても平気のへ。誰も見てないよー

山頂でゆっくり時間を過ごし、再び階段へ



130504-17.jpg

グイグイじゃんじゃん、ひたすら下る



途中すれ違う方々と朝の挨拶交わすのが何とも心地良く、
この日何回 『おはよーございますー♪』と声掛けあった事か。
チビッ子と石段の絵の情報交換したりね。楽しい~



130504-18.jpg

茶屋にて、玉コンニャク越しに庄内平野を望む



130504-19.jpg

10:05 日本二位の階段制覇 やりきったぜ!



えもいわれぬ達成感にどっぷり浸かるオトさんとワタクシ。
行って良かった、登って良かった羽黒山。
足腰に自身のある方は、ぜひ修験の道を歩かれる事をおススメします。



注)雨などで石段が濡れていると、苔の生えた部分が猛烈に滑ります。
  靴底のしっかりした履き慣れた靴で、じっくり踏みしめて登られますように。


Comment
さすがラン家!
せっかく本殿に着いたというのに振り出しに戻って
あの過酷な階段を。。。本当に修行だわ~
我家だったらそのままありがたく拝殿♪

神社仏閣の早朝のなんともいえないキ~ンとした雰囲気大好きです。
パワ~いっぱいいただけるような。。。
山寺ではちょっと出遅れちゃったけどね!



【LADYままへ】
何言ってんのさ~と半ば肩をすくめながら看板見に行って、
まさか!と思いつつ、本殿が見えちゃった時には愕然としました。
プしゅるるるるるーっと空気抜けたような、
父には散々笑われるしで、ホンと参りましたわ~

LADYママのおっしゃる通り、早朝の寺社仏閣に漂う、
張詰めた大気は格別ですね。
多くの人がいる時間帯になると観光地になってしまうのですが、
朝の境内は全く違った一面を見る事が出来ますもんね。
今度はぜひ羽黒山にも行ってみて下さい♪
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ