HOME   »  お出掛け-遠く   »  【東北地方】  »  2013GWその6 月山はまだ冬終わりかけでした

2013GWその6 月山はまだ冬終わりかけでした

立ってるのも目を開けてるのもやっとな海へ到着。
うっかり向き間違えて車のドア開けたら、
引き千切れて日本海の藻屑になるんじゃないかと思うような爆風。

こんな日の砂浜で喜ぶのはアホだろう?



130504-26.jpg

あー、アホが居た・・・



写真だけ見てると穏やかそうですが、
砂粒がビシビシ顔面に当たって痛かったんですー
口開けてたらジャリジャリしてくるし。

良くまぁ、こんな惨状で全力疾走出来るもんだ。さすが四足駆動。



鶴岡市を離れて、今日の寝床となる天童に向かうべく、
R112月山花笠ラインを走り、月山を越えます。
途中、道の駅月山に立ち寄り。
お焼き買おうかと思い寄ったのですが、着いてみたら立派な吊り橋を発見。
抜けそうになる腰を叱咤激励して渡りましたとも!



130504-27.jpg

揺れるは高いは木の床は隙間があるはで、もう瀕死のワタクシ



怖かった・・・、
橋の真ん中を真正面見つめて渡るしか出来ませんでした。
視界の端っこに水面が見えるだけでガクガクブルブルです。ムリー!

アマゾン自然館が併設されており、『アナコンダのランチタイム』と、
『ハムスターの250cm競争』のイベント告知が、
並んで表示されているのに若干のシュールさを感じつつ、
山ぶどうアイスを頂きましたとさ。



130504-28.jpg

道の駅月山を出て程なく、右手にダム発見!



吊り橋と違ってこちらはワタクシ大好物♪
雪解け水で満水となっているのかフル放水中。
ダム堰堤のデザインも美しいし、放水は豪快だし、
思わぬ所でイイ物見れちゃった~



130504-29.jpg

登るにつれ、どんどん雪景色に



我が家地方では既に20℃を超える日もあったりしたのに、
ここはまだ冬が終る季節。季節感のズレが不思議。

山形自動車道を横目に見つつチョイ走り、道の駅にしかわへ到着。
スキー板積んでる車にビックリしつつ、【月山銘水館】 へ。


こちら地ビール工場と温泉が併設されています。
水沢温泉の入浴料金は驚きの300円。安くて嬉しいっ!
露天は無かったけど、ツルンツルンになる良いお湯でしたよー

明るいうちにお風呂を頂き、レストランで『一日一食今日の地元メシ』とする事に。



130504-30.jpg

どちらも想像していたより量が多くお腹いっぱいです



月山板そば、絶妙のコシでした。
天麩羅はフキにコゴミに、山菜5種がパリッと美味。
山形牛のカレーは柔らかくデカイお肉がゴロゴロ入っており、
サラダもドッサリとてんこ盛りでした。どっちも美味しかった。
地ビールはお土産に購入。うひひ♪



道の駅天童は既に車でいっぱい。足湯大人気でした。

ギリギリで駐車スペースをキープし、車内にてお疲れ様の宴。
酔い覚ましがてら本屋さんで立ち読みして戻って来たら、
駐車スペース以外に停めてる車がいっぱい。

大きな道路に面していた上に、満車となっていたので、
静かに寝られなくても仕方ないと思っていたのですが、
そんな杞憂はする必要なかったようで、朝までぐっすり熟睡出来ました。

明日も朝から階段登りです。足にインドメタシンべたくら塗って、
ぐーすかぴー
Comment
吹雪バカのマロ眉はうちにいます!
【福ぽんさんへ】
吹雪バカ・・・ひゃっひゃっひゃ!!!

おハナちゃん吹雪好きなのねー。
うちの方でたまに降る雪の時に思う吹雪なんて、
きっと福ぽんさんが見たら笑っちゃうくらいチョロイもんだと思います。
そんな訳で、珊瑚が吹雪バカかどうかは分かりませんが、
風力バカではあるようです。赤城山からの空っ風により、
暴風には鍛えられている模様です~
出来ればそんな日人間は引篭もりたいんですけどね、許しちゃくれませぬ!

うひゃぁ!!! 雲の上から降り帰宅し①開け♪ ややややぁ!!! 山寺だったにゃ フフフ て後に 仰天記事!
すごい! すばらしい♪ では 次回は ご来光でもどうですか?速攻いかぬと。。。山・・・ひらいちゃいますぞぉw どうでっしゃろか? 賭けみたいなとこあるけどねぇ 独り占め..犬り占めには pointお知らせしますぜ♪ ぜひ 妖怪促進に!どうですかぁ?v-219 
【LONmamaへ】
ふぉー、雲上でありましたか!究極だ~
ラン子に御来光見せてあげたら、もう5年くらい寿命延びますかね?
ぜひ犬り占めポイント教えて下さい。

誰も来ないぜ、人っ子一人居ないぜな瞬間の、あの得した気分。
ああいう瞬間を体感すると、つい混雑時を避けるようになってしまいます。

LONmamaもぜひ早朝羽黒山行ってみて!
脳内にドーパミンがだばだば出て爽快ですよー
でわでわんっ三山じゃね♪ ちょっと ルート考えなくっちゃぁ うきうき♪ 車で結構いけるのかなぁ? 早朝 日の出pointやらそちらも知りたいにゃぁ♪ 

妖怪にするには 朝日 背中に当てたほうが..。 めっちゃ まぶしいっすよ 眼 焼けちゃう・・。 人・・日焼け止め必須。

タイミング的には 今回雨の前日+当日は晴れ というまったく星の無い重く暗い山もみえない中 有料でゲートあく時間確認しTRY! 一番で上がって 展望台にいかず(人用だと 胸高の柵があって・・×) しだり。。。へゆくのです。 有P+WCの上の路をあがってゆくのです。 右手に建物・・その庭先。(神社の裏) でも 日+週がかわれば どんどこpointは変わっていく。 是非にはやいとこww なにしろ ここのpointは譲りませんぞオーラだしてファインダー内に愛する子とご来光で決めるです。三脚なんぞ立てちゃうとかねww 私もpointからご本犬・・逃げられないように今回はソーセージもって待たせました。 必死・・w 爆。逆光  感度 タイミング フレーム めっちゃタイトです。 雲海うつれば被写体暗い・・・・っていっそがしい。 私にはカメラは難しすぎるから 凄腕ガラケーカメラにも一生の思い出を託しました ww 光たま 入っちゃうわ・・汗  ま でも ランママ腕 期待してますぜ。 できれば 前or後日 北口神社お参りくだされ。(W)遺産っすよ♪ 7月山開きです。6月になるとばんばん上がっていく人増えますが 今は5合より上は基本 keepout。  除雪ないから危ない程度な雪バンバンです。重装の方しか厳しい。 時がたてば 先にすすめるけど変わりに人も増えるってとこですにゃ♪ 日の出の時間とゲートの時間とpoint探しand老犬のためにゆっくり上ってくと 結構タイトですが ぜひTRYしてくだされ。 about:富士吉田道駅車泊 ゲートまで20分→5合目まで 超ゆっくりで60分を想定して その日の日の出に間に合えば 可能ですね♪ 山開き近いと すでに駐車場にはいれない可能性あり 1合下入るしかなくそっから歩かなくては・・状態もありますぜ。  あるけ!歩かせ!追いかけて  v-239雲海→カラフル雲人v-13 寝不足2000m ガクガク げーげーになるから 絶対に走らないように wwwね ww 後 きちゃうし・・。 
気温は それほど寒く無い日だったけど それも要チェックだね 雲海もない 地から日の出・・だったらもっとせわしないってことにもなるわけだね。 解りにくかったら連絡くださいv-5♪      
【LONmamaへ】
まうんとフジですがな!!!
日本人として産まれたからには、人生一度くらいは登頂してみたいっ。
金剛杖に憧れておりますが、ここ数年躊躇し続けている次第でして。
いかんせん三半規管が微妙にいけない&偏頭痛持ちなので、
その辺りを考えると、一気に登らず一泊くらいして脳髄慣らさないとですよねぇ~
でもいつかきっと御来光拝み倒したいもんです!!!

羽黒山はですね、うっかりすると愚かなワタクシの様に、
4百円というなんともはや・・・な料金を払ってしまい、
本殿横まで車で行けてしまいますのでご注意アレ。
いでは博物館だったかな?そこの前の駐車場に停めれば、
すぐ横で2000段の階段が厳かに待っていて下さりますよーん。

気が向いたらなまはげも是非に!チョー楽しかったです♪
しばらくはラン父のブームになってました。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ