HOME   »  お出掛け-遠く   »  【甲 信 越】  »  2013お盆休み3 秘境の里を天空から眺める

2013お盆休み3 秘境の里を天空から眺める


昨晩のうちに真っ暗な細い山道を必死こいて登り、
これまた真っ暗な場所でビバークしました。

美ヶ原で見上げる星空は凄いと思っていたけど、
ここで見た星空は、更に上を行く満天の星空!
クッキリと天の川が見えて吃驚。
肉眼であんなにハッキリと見えるなんて感激。


強烈な光を放ちながら流れる流星も見れて得した気分~


いったいどんだけ山の上で夜を越したのかと言いますと、



130812-01.jpg

こんなトコ~、ここに集落がある事に驚き~



某運送会社のCMで知られるようになった、
日本のチロルこと、下栗の里に行ってきました。
到着した時、漆黒の闇で周囲の風景は分かりませんでしたが、
朝起きて外に出て、目の前にドンと聳える山と向き合ったら
己の立ち位置がいかに山の上なのか判明しました。



130812-02.jpg

爽やかな朝の大気の中、6時半に展望台へ向け出発



展望台まではテクテクと20分程度の歩きです。
大きな上り下りはありませんが、途中から山道に入るので、
歩きやすい靴で行くことをおススメ致します。



130812-03.jpg

転がり落ちたら真っ逆さまに下界まで行けそうね



地域の方達が整備してくれた展望台への道は、
人が擦れ違うのも譲り合いが必要な細い道で、
谷側は45度の角度じゃね?と思うような急角度。
踏み外し転がり始めたら・・・想像もしたくない!

イヌと一緒に歩くのを考慮し、
観光客が来る前に散策してしまいたかったのです。
展望台も小さいスペースって書いてあったので、
尚更の事、早く行きたかったわけ。

さあ、貸切の展望台へ着きました。
見てイイかな?CMで見た風景そのまんまかな?



130812-05.jpg

わぁ、ホントにあの風景が眼下に広がっている



130812-04.jpg

山肌にしがみ付くように集落がありました



凄いー凄すぎーと連呼してしまう風景。
思わずご意見ノートに感激コメント書いてしまった!
あの場に立ったら書かずにはいられませんて。



展望台から戻り、クネクネ道を走ってみる事に。
これがまた超絶デンジャラス。



130812-06.jpg

畑も超急勾配



130812-07.jpg

玄関出るとこの風景ってのが凄すぎる~



集落の一番下まで下り、向きを変え再び坂を上り始めた時、
なんと上から車が来てしまいました。
当然擦れ違えるわけがないので、待避所に近い我が家がバック。
ヘアピンカーブに向かって下がる、これが怖かった!

雪が降ったらどうするんだろうね?と話しつつ、
絶景の下栗の里を後にし、男鹿村を駆け抜けます。

この後お昼くらいまで、信号の数は片手で数えても指が何本か余ると言う、
本当にこれは国道であろうか?と首を傾げてしまう、
森林浴しまくりの道をひた走ります。山道サイコー!


Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ