HOME   »  散歩にて  »  突如の飛来

突如の飛来


たまげました。



伯母と一緒にのん気に散歩していたら、
頭上を超低空飛行で急旋回する飛行物体が。

何だ何だ!と思っている目の前に!!!



140106-01.jpg

毎日通ってる広場にドクターヘリ着陸



乗せてきた患者さんを、待機していた救急車にバトンタッチして、
ヘリはゆっくり飛び去って行きました。
救急車が連れてきた患者さんをヘリに乗せかえる物とばかり思っていたのですが、
逆のパターンもあるんですね。

救急車がピーポー鳴らして去っていた後、ヘリはゆっくり離陸。
轟音と突風で落ち葉一気に巻き上がって広場キレイさっぱり。
いやはや、10分間程度の出来事でしたが凄かった!


最近轟音に弱い珊瑚ちゃん、ヘリの爆音は全然ヘッチャラ。
今日の出来事で、珊瑚が苦手なのは破裂音である事が判明。フムフム。

Comment
まぁ~レアな場面に遭遇されたのですね。
どこの病院にいくのでしょうか?きっと公園の付近ですかしら。
その病院にはヘリポートやヘリが着陸できるスペースがなかったということですよね?
で、その病院はなぜ選ばれたのでしょう?
疑問がいっぱい。ただのやじ馬です。
栃木県にもドクターヘリがあります。
県と獨協大学で共同で持っているそうです。
我が故郷にはないようで、やはり莫大な運営資金がいるのでしょうね。
【ジェナママへ】
それがね、近くに幾つかある大きな病院には、
どこにも屋上にヘリポートがあるとの事で、
何故ヘリで直接行かずに救急車へ?の疑問は深まるばかり~
撮った写真の機体ナンバーを拡大してみたりと、
帰宅後から夜寝るまで、我が家も野次馬根性バリバリでした。
だって知りたいんだもん!

ドクターヘリの運用には相当の資金が掛かるみたいですね。
一年前くらいに我が県にて運営されているドクターヘリの特番見たのですが、
全ての県にという訳には行かないのも分かる気がしました。
今は大きな病院の経営も大変そうですからねぇ。

アッと言う間に飛び去って行くヘリのスピードを見ていると、
命綱になり得るドクターヘリだから、何とか全国にと思わずにいられません。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ