HOME   »  散歩にて  »  豪邸とは?

豪邸とは?

最近サボりくせついとるなー



平日の散歩はすぐに暗くなっちゃうからネタ写真無いんだもん。

そんなワケで何かあるか?と言えば週末ネタしかありません。


土曜日は「今月は無料」の言葉に引き寄せられ、
ネタ満載との密告をアル家から頂いたセレブメモリアルさんの
山の手ドッグランへ


えぇ、ネタは満載過ぎるほどでした。もうアップアップ。。。



ちょっとした山の頂上なんですけどね、
人を拒むような門構えと言い、横に広がる昼尚暗い山林と言い、
例えるならば中央の舞台から身を引いた人嫌いの偏屈文豪が、
山奥で近隣の住民とすら一切の接触を断ち暮らすかのような、
秘密めいた入り口とでも思って下さいまし。
建物こそ明るい洋風な外観ですが、門から建物までのアプローチに
ゴブリンやらガーゴイルやらの西洋妖魔の石細工なんかあったら、
そりゃもう雰囲気満点ですって。いやはや驚き。



20081018-1.jpg

この門を潜りアプローチをてくてく登って行くと屋敷が見えてまいります。
いきなりカウンターパンチです。



のっけから凄い建物を最初に目撃しちゃったので、
メモリアルホールの建物を横目に、一先ず冷静になるべくドッグランへ。
木立の下で存分に楽しむアルクル&トリオtheボーダー。



20081018-8.jpg




20081018-3.jpg

クルたんは落ち葉が似合うねぇ




人の手が入って整備された雑木林は木漏れ日も心地よく、
吹く風も秋の山風でひじょうに気持ち良かったです。





20081018-11.jpg




20081018-5.jpg




地面にはドングリがいっぱい。

とりあえずかぶっとけ、ラン子。




20081018-4.jpg

お灸???




ハリキリ組がアクティブに遊ぶ向こうで、
中高年に差し掛かったフリーダム組は、ヨボヨボと連なって徘徊。



20081018-2.jpg



こらー、走れー



20081018-6.jpg




ドッグランの中にはログコテージが建てられているのですが、
カッコーン!パッコーン!と何かが屋根に落ちる音が響き渡っております。
山風が吹き渡ると、その音も激しさを増す物体X。

その時ベンチに座るとーさんの真横にブツが投下されました。




20081018-10.jpg


良風によるドングリ爆弾投下に備えを怠らないオヂサン。
ちょうどバリカン明けとあって、被害は誰よりも甚大ですもんで。

山の中のログハウスには憧れますが、
ドングリの木に囲まれた林の中では、夜は寝られないであろう事が判明。



切り株を見ると乗せずにはいられない株ラ~な我が家。
ラン子の出番です。最小直径に挑戦。


20081018-9.jpg

これは何の罰ゲームなのよっ!




ひとしきり犬達にお楽しみ頂いて、来る時にチラ見しておいた
メモリアル施設への心の準備を整えてから、いざ見学へ!


バブリーな時代って本当にあったんですねぇ。
二階のバルコニーで、ワタクシでんぐり返しが連続5回出来そうでした。
バブル時代だったとは言え、ウン十億な家に初めて入りましたが、
アハハ。。。と力なく笑ってしまいました。


お金が余ってる人の気持ちは理解不能だわ。
なぜ風呂の天井まで一面の鏡なのだ???


メインメモリアルスペースには彫り物と美しい絵に彩られたテーブルと椅子。
某有名な華道家、K屋崎邸にもあるらしい由緒あるイタリア家具。
そんな高級なイタリー製家具にて頂いた焼きまんじゅうと日本茶は
何とも言えず絵になっておりました。工房のマエストロも泣いちゃうぜ!


セレブリティな階層とワタクシ達一般ぴーぽーとの格差に
何と言うかこう安堵の感を持ちました。シモジモの民で良かった。
だってパンツ一ちょで床にゴロ寝とか出来ないもん。


終始圧倒されすぎて、肝心のネタの殿堂では写真撮れず。

施設のスタッフさんも只今犬の事について勉強中とのことで、
これから更に色々な面が充実していくであろう事を期待しております。

楽しい土曜日でございました。


Comment
すごい豪邸
HP見てみました。
和室の待合い室がいいですね。
ラム君は宇都宮だったけれど`
まってる場所がね、なかった。
園内も広く晴れた日は外でも十分
時間をつぶせれる。
家からどれくらいかな?

Wiiでうってつかれました。
《ジェナママへ》
本当に凄いんですよ。語れない部分がてんこもり。
事前にアル家から情報を得ていたので、少々免疫を付けてから行きましたが、
それでも「はぁ~」としか声が出ませんでした。
でもね、和室の造作はジェナママの言うとおり素晴らしいかったです。
天井も屋久杉の組み天井になってて、書院も欄間も手抜きの欠片も見られず、
大工さんの力の入れようが伺えました。

でも証明がシャンデリアチックなのが微妙だったけど。

クローゼットがね、ここに住んでたのはイメルダ婦人?て感じなの~

我が家からなら30分強。前ジェナママが来た薮塚の訓練所から15分くらいかと。
冬は霜がいっぱい立つだろうから、ドッグランはエライ事になると思われます。

私もWii欲しい~!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ