HOME   »  日常とトリオ  »  エビちゃん驚異の生命力

エビちゃん驚異の生命力


今日やらねば何時やるのだ!と朝っぱらからメダカ水槽の丸ごと洗浄。
ちょっくらどいててね♪とバケツに元の水槽の水と共に避難。
むさ苦しい度MAXの4匹オスメダカと、二匹のスジエビ。
エビちゃんズはオス・メスで、メスの方はオスの倍の大きさまで巨大化。
もう何度卵を抱えた事でしょう。孵化はしないんですけどね。

水槽丸洗いして濾過装置洗って、流木と石と新しい濾材セットして、
作っておいた水を注入。しばらくはぶくぶく・・・・

ワタクシの朝ご飯を済ませ、まだぁ~とうるさいボダトリオのご飯を済ませ、
もうヨロシイか?と水槽の住人達を本宅へ戻す。

メダカオケー♪

あ、エビちゃんがバケツにしがみついてるわ。

バケツをパーンと勢い良く叩く。

ビシッ・・・・・・・・


ぎゃー、方向誤ってエビちゃんを水槽の外に叩きつけてしもた!


大慌てで反対側を見るとオスの方が床にて悶えておりました。
んが、どこをどう探してもメスが見つかりません。
半透明だし巨大化したとは言え身の丈3センチ程度。
色々な物どかしてみたけど見つからない。
15分間探してタイムリミット。出勤時間。
あーーーーー、エビちゃんごめん。本当にごめん。


ドタバタな火曜日の朝でございました。

と、ここまでが朝の出来事。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



昼休みに家に戻り、ソファ下に落ちた毛布をたたもうと持ち上げたら、
脇にホコリの塊りが落ちておりました。
アラやだと摘み上げようと手を伸ばしたらホコリ動いたー!

エビちゃんハケーン、しかも生きとるやんけー!

大慌てで水に戻しホコリを取り、そのまま水槽にドボン。
ユラユラと沈んで行き底面でぬぼーっとするエビちゃん。
やっぱ虫の息だったのか?

・・・・・・・・!※★っ??♪


3時間も床の上で行き倒れていたと言うのに、
まるで何事も無かったかのごとくエサをばくばく食べ始めました。
エビちゃんの生命力恐るべし。
多分水槽のある棚の下に落ちてうごめいているところを
トリオtheボーダーの誰かが発見して、咥えて持って来たのでしょう。
予想外に動いたので吃驚してそのまま放置したんじゃないかな。
お嬢さん達には踊り食いは出来なかったようです。



20081028-2.jpg


大量投入したエビが次々と息絶えていく中で、唯一生き残ったペア。
さすがしぶとい。
以後、仮移住させる時には面倒くさがらず網使います。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ