HOME   »  お出掛け-近く  »  四万温泉へ

四万温泉へ

紅葉が真っ盛りになると人出も多くノンビリ出来ないだろうから、
一足お先にと言う訳で、本日またまた四万ダムまで小旅行。
天気の良い朝、家でジッとなんてしていられません。
おいでーおいでーと山が呼んでいます。
最終立ち寄りポイントは四万温泉でお湯につかること。
時刻はAM9時。半いざ出発!



渋川市、中之条町を抜け、稲刈りを待つ黄金の田んぼを眺めつつ、
山間のノホホンロードを走る事1時間半。



091018-01.jpg

最初のお立ち寄りは道の駅霊山たけやま。
売店のオネーチャンが頬杖付いてボンヤ~リと外眺めている辺りが
何とものどかでございます。



後ろには霊山嵩山の岩場がそびえる、こじんまりとした道の駅ですが、
蕎麦打ち体験が出来たり、民家風の蕎麦店で打ち立ての蕎麦が食べられたり、
横手にはアスレチックなどもありと、大人にも子供にも楽しい道の駅です。
特産品直売所には野菜や変わりお菓子などが並んでいて、食も土産も充実。
レジ横で売っていた雑穀のおこわが美味でした。試食じゃなくて買えば良かった!



091018-02.jpg

正田しょうゆアイスを頂きます。ほんのり後味が醤油~



道の駅横から嵩山ハイキングにいざ出発!と思ったのですが、
案内板を見ると何となく嫌な予感がフツフツと。
山道への入り口には杖が無料貸し出し中。
コレ使うようなハイキングって・・・



091018-03.jpg



上から降りてくる方は、本格トレッキングの様相で、
熊鈴チリチリ鳴らしております。確かに今の時期は熊出るな。

ワタクシの連絡不行き届きでサンダルで来ちゃった我が家。
途中の見晴台までは気軽なハイキングと書いてあったので、
ちょっとだけ行ってみる?と出発♪



091018-04.jpg

この直後から全然気軽じゃない細い山道に!



20m程で断念致しました。
危険危険、いくらなんでもサンダルじゃ無理。
山道大々大好きなトリオtheボーダーは『えぇ~帰るのぉ~』と不服そうでしたが、
もうちょっと山の木々が葉を落とし、周囲見通しが良くなってから、
ちゃんとした格好でリトライ致しましょう。山をなめてはいけません。



四万温泉に行くまでにもう一箇所寄り道。
冨沢家住宅(国指定重文)を見学です。

立派な作りの大型養蚕農家でした。中はとっても見応えありでしたが、
残念ながら茅葺屋根の葺き替え中&室中修繕中で、
家屋全体にブルーシートが掛けられており、全景写真は撮れませんでした。

とは言え、足場の間から中に入り見学は出来たので突入。
これだけの立派な民家が無料で見られるのですから、ありがたい限り。
歩くとギーギー音がして、横溝正史の小説のような雰囲気がムンムン。
修繕が済んだら、いつか二階までじっくり見学したいと思います。



091018-05.jpg

四万温泉へ抜ける山間の道は、稲刈り後のこんな風景がひっきりなしに登場し、
窓全開で走ると気持ちよい事この上なし。



四万ダムに到着し、以前は通行止めになっていたダム湖一周へ。
ダム湖一番奥の橋からは、ぼちぼち始まった紅葉がキレイに見えました。



091018-06.jpg

結構高いんですよ、この橋。こわごわと反対側も眺めていたら、
橋直下で何やら蠢く物体が・・・野良牛?



091018-07.jpg

あーっ、カモシカだ!来たるべき冬に向けて一心不乱にお食事中でした。



091018-08.jpg

湖畔を眺めながらお昼ご飯を食べるポイントを探して車を走らせていると、
木立の中に青い神秘的な淵ハケーン



湖畔を見渡せる稲包せせらぎ公園で昼ご飯にしようかと車を停めると、
目の前を、巨大な猿がモッフモフした豊かな体毛を揺らしノシ歩いて行きます。
ボス猿のような風格が満々の強面な猿。
目を合わせると危険なので行過ぎるのを待っていると、
山の上から次から次へと猿達が下りて来て唖然呆然。
車の中ではラン子大興奮。ちょいと距離を空け、車から降りてみました。



091018-09.jpg

あ、小猿搭載



091018-10.jpg

池横の斜面に点々と猿。画面外れた木立の中にも夥しい数の猿が!



091018-11.jpg

動物園のサル山状態・・・



みるみる公園は猿の群れに占拠されて行き、呆然と眺めるワタクシの
10mほど先の木立の中では、猿が枝から枝へ移動しながら
ワッサワッサと木を揺すっております。
どうやら50匹近い猿の群れが移動する真っ只中に入り込んだ模様。

この猿軍団の中で鍋焼きうどんの昼餉なんぞしよう物なら、
【ヤンキーの集団に囲まれカツアゲされる一般人】の様になるのは必至。
血みどろの宴になってしまいます。そんな度胸はナシ。

そう言えば、ここまで来る道端の数箇所に
熊避けの音を出す為の鉄管が下がっていました。
ハイカーさん達は小槌でカーン!と鳴らし、熊にどっか行っててもらおうと。
四万の地は本来、野生動物の住処なんだなぁと実感した次第。



091018-12.jpg

堰堤脇のスペースに移動して豪華鍋焼きうどんの昼餉。
でもすぐ横は山肌なので、腹を空かした毛むくじゃらなゲストが出て来やしないかと、
内心ドキドキな昼餉でございました。



091018-13.jpg

食後はエスプレッソなぞ沸かして目の前に広がる紅葉を眺めつつ一服。
外で沸かしたエスプレッソ、ギッと飲むと美味しいんだな~



091018-14.jpg

横ではサリ珊瑚がウトウト・・・可愛いヤツラめ!

ラン子はお隣の中高年グループの弁当にクギ付け中で、気配を消しております。
いやしいヤツめ!



091018-17.jpg

前回はイベント開催中で散歩出来なかったダム直下の公園でお散歩。
四万川に降りられるので水遊びもOK。水は超キレー♪もう寒くて無理だけどね。



この日は風がかなり強い上、紅葉にもまだチョッと早いとあって
公園を歩く人は、寒さなんぞ気にもならない熱々カップル一組だけでした。

が、熱々かと思った彼等でも寒風は身に沁みたのか、早々に撤収してしまい、
おかげで我が家はノンビリと公園を堪能出来ました。
ダメよぉ~、秋の夕方なダムに薄手のワンピース&レギンスじゃ。
ジーンズ&モモヒキくらいの意気込みで来るざます!

散々歩いて寒くなって来たので温泉に移動。



091018-19.jpg

四万温泉の外れの方にある町営の日帰り温泉施設、
清流の湯に寄りました。2時間500円。
内湯と露天風呂の小さなお風呂屋さんですが、
露天風呂からは美しい四万川がバッチリ眺められます。
ぬる湯なので風の音聞きつつ居眠りしながらノンビリ極楽。



帰り道は道の駅こもちに立ち寄り
鯛焼きとプリンと林檎の試食で小腹を満たし、午後6時には帰宅。




091018-16.jpg

チョロッとお出掛けには持って来いの季節です。
さてさて、お次はどこに行きましょうかねん♪


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ