HOME   »  健康の記録  »  ラン子 皮膚科クリニックへ行く

ラン子 皮膚科クリニックへ行く


隣県の皮膚科クリニックを掲げる獣医さんに行ってまいりました。
ラン子ちゃんの顔面、赤剥げが拡大していく一方で、
ワタクシ達が納得する為にも、専門科に見てもらおうと相成りました。
セカンドオピニオンでございます~

この症状は何なのか、どんなモノなのかを把握出来ないまま、
素っ頓狂な対処していても悪戯に長引くだけでしょうし、
挙句は悪化させてしまったりしたら最悪の事態です。
ココは一丁、餅は餅屋という事で、専門科に判断してもらおうと。

ちゃんと分かった上で、間違いの無い、
自分で出来る長期戦のアイテムを探したいと思ってました。

じっくり2時間近くの診察&検査&ケア説明で、
根本的な大間違いや、今まで気にもしなかった場所から
思いもしなかった菌が見つかり、あ~ら吃驚。
てっきり顔面だけの病巣かと思っていたら、
なんとまぁ、一つの大きな要因がオケツの大事な部分の周りにありました。
やっぱ目を付ける部位が違うんだなぁ・・・と感心しきり。

そう言えば珊瑚の顔面が腫れ上がり、歯科医に連れて行った時もそうでした。
ホームドクターでは判断しかねた患部を、即座に発見してくれましたっけ。

アレルギーや濃皮症、別の部位に使った抗生物質との相性、
元々の皮膚の弱さや加齢からくる免疫力の低下などなど、
様々な要因がぐるんぐるんに絡まっている今のラン子ちゃん。
教えてもらったケアはちょいと手間が掛かるけれど、
じっくり腰を据えて頑張りマッスル。

歳も歳なので、結果を焦らず体に優しい手段で向き合うべく、
体質改善の方法も考えていかねばなりません。
新しい分野のお勉強していかなくちゃだわ!



さーて、アチコチもて遊ばれて憤懣やるかたないラン子を宥めすかし、
数名の諭吉さんが旅立った痛い懐をさすりつつ、
松戸駅で印度カレーと胃袋との激戦を繰り広げ、
開港した茨城空港を見学して、車は一路海へ向かいます。





ちょっとどうゆう事なの!
一番頑張ったアタシだけ海に入れないって何なのよっ!




だってさ、しょうがないよ。
今のラン子には雑菌は天敵です。皮膚炎悪化しちゃうじゃん。





100522-02.jpg

ほぅれ、海に飛び込むがよい





100522-03.jpg

よくまぁ、躊躇せずあの波に突っ込むもんだ





100522-04.jpg

2010年の初海水浴




父&サリ珊瑚がキャッキャ♪と海を満喫しているその間、
ラン子はギャースカ喚きながら、砂浜を怒りの激走。
リードを持ったワタクシもそれに付き合って激走。シヌカトオモタヨー☆

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ