HOME   »  お出掛け-遠く   »  【甲 信 越】  »  戸隠への旅その5 湯ノ宮神社で岩動く!

戸隠への旅その5 湯ノ宮神社で岩動く!

戸隠への旅その1 美ヶ原と八島湿原
戸隠への旅その2 霧ヶ峰で飛行物体を眺める
戸隠への旅その3 道祖神にご挨拶
戸隠への旅その4 奥社への道のりは正しく修行  からの続きです






戸隠神社から街に下り、コンビニで空きっ腹を満たしホッと一息。
上信越道をまたいでR292へ入り、ほどなく左折し湯田中の温泉街に突入。
細い生活道路を突き進むと、湯田中の駅が見えて来ました。




100814-45.jpg

わ! 終点なんだー



線路を挟んで新しい駅舎と、旧駅舎があり、
旧駅舎側には【楓の湯】という日帰り温泉がありました。
この温泉施設のオープンと同時に、旧駅舎もギャラリーに生まれ変わったそうです。
昭和初期に立てられた駅舎だそうで、何だか昔通いつめた、
お爺ちゃんち近所の小さな駅を思い出しました。



100814-46.jpg

旧駅舎の前には足湯もありますよ♪



ゆったりスペースな足湯には、熱いぜ!なお湯がダバダバ噴出。もちろん無料。
駅舎横には4台分くらいの駐車スペースがあるので、
そこに停めて足湯を堪能させてもらいました。
帰って来てから知ったのですが、楓の湯は¥300なんですって!
シャンプーなんかも備わっていてこの入浴料は超激安ですよねー





100814-44.jpg

足湯につかりながらグルリと後ろを振り返ると、ラブリーな看板



駅前広場には出店が出ており、手作り山の幸が並ぶ中、
B級品の桃が氷水の中でぷかぷか。50円ですよ、甘かったですよと、
対面で足湯につかってる御婦人が教えてくれました。そらー買わねばならないでしょう。
車の中から 『それ買いなさいよ』 と執念の視線を送ってくるラン子の目力に負け、
チョッとだけお裾分け。よく冷えていて美味しかったです。



湯田中駅から数十メートル先に湯ノ宮神社があります。
境内に車を止め、お社の裏手に回るとすぐ真上に奇岩が見えていました。
あれだ、あれだ!!! 登りましょうとも。



100814-47.jpg

オトさん、その辺押してみそ



はい、これが【動き岩】でございます。
絶妙のバランスで組み合わさった岩を押すと、ユラユラと横揺れ。
岩の下に回ってみたら、上手い具合に溝に別の岩が挟まってまして、
まー、偶然とはいえ絶妙だよねと感心しきり。

ひじょうに地味な観光スポットなので人っ子一人おらず、
神社周囲には【手作り肝だめしアトラクション】がこしらえてありました。
夏祭りの時には泊り客と地元のちびっ子の声が響くんでしょうね。
このホワッと感漂う温泉街、とっても良いんじゃないでしょうか。



そうそう、足湯は温泉街の中に数箇所、あっちこっちにありましたよ。
温泉旅館もたくさんあるし、共同浴場も何箇所もあるようです。
また機会を作って、じっくり堪能したい温泉街でした。



さて、いよいよ旅の締め括り、志賀草津道路を走ります。
ラストスパート!!!


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ