HOME   »  【甲 信 越】
Category | 【甲 信 越】

2013お盆休み5 住み着きたい美ヶ原

アスファルトでお湯が沸くんじゃないか?と思うような、
下界の灼熱地獄から逃れ、再びビーナスラインを疾走します。



130812-15.jpg

涼しい風が吹いてて快適



まだ時間も早いので三峰大展望台で記念写真。
今回もまた営業時間ギリギリで、
締め出される寸前に駐車場から脱出。



流星群のピークの為、道の駅には更に多くの車が停まっていました。
リッチなキャンピングカーがズラリ。
有る所にはお金が唸っているんですねぇ。

我が家の基地スペースを確保して、牛伏山までお散歩へ。



130812-16.jpg

高原美術館の屋外展示を横目に木道をテクテク歩き



130812-17.jpg

ハイ、家族写真でございます



涼しい風が吹き抜けて、歩いていても超快適♪
数時間前までヒーヒー行ってた熱波はどこへやら。



130812-18.jpg

おぉ!ムッスリラン子が満面の笑みを浮かべておる



あんまり足を伸ばすと日が暮れちゃうので、
ほんの15分足らずですが、ここまで。
夕日が落ちるまでの夕焼けショーを見ようではありませんか。



130812-19.jpg

だんだんオレンジ色になって来たよー



牧場を吹き抜けるヒンヤリした風に当たりながら、
暮れて行く大パノラマを眺める事1時間。
沈みますよ、沈んで行きます。



130812-21.jpg

沈む瞬間、シルエットで槍ヶ岳が見えました!



360度ぐるりと見渡しながらの夕焼けは絶景でした。
ラン子達と旅するようになって見て来た夕焼けの中でも、
五本の指に入る美しい夕焼けだったと思います。



日が落ちたら急速に気温が下がり始めました。
さっきまでは涼しいだったのが、寒い!に。
大急ぎで車へ戻り、下界で買い込んで来た食材を調理。
簡単に済ませるはずが、思いの外ボリューミーな夕飯に。
豚の角煮が特に凄かった~



情報では真夜中3時くらいが流星のピークとの事なので、
早々に就寝して、2時半に起きるよう目覚ましセット。
腹もいっぱい&涼しすぎる気温と来て、
この夜もスコンと眠りに付きました。

目覚ましがメロディを奏で、よし流れ星見まくるぞーと、
鼻息も荒く車のドアをガッと開くと、、、


べったり曇天~、なんてこったい!



速攻で二度寝となりました。起きてみたら既に8時。
すげーい、11時間近く寝ちゃった。



130813-04.jpg

朝から長袖です、心の底からココに居続けたいと思いました



のんびり朝パンを食べ、のんびり散歩して、のんびり帰路へ。
軽井沢のツルヤでチーズ購入。もう我が家の定番ルートです。



夕方早い時間に帰宅出来たので、洗濯物ガンガン干して、
お盆休み後半戦のイベント準備を整えます。

なかなか行けなかった南信州を攻略出来ました。
あと残すところは小布施方面です。秋には行くどー

2013お盆休み4 とっぷり山奥をひた走る

下栗の里で絶景を堪能した後は、
山また山の風景を眺めながら、御池山林道をしらびそ高原へ。



たいていの車は下界のR152を走るとみえて、
舗装はキチンとされているとは言え、
どっっっ・・ぷり山奥の林道は、対向車と擦れ違う事もなく、
あまりの大自然に笑うしかない天空ロードでした。


なんかさぁ、延々と山深いよねぇ~なんて話していたら、
何やら同じような看板が何枚も道路脇に立っています。



130812-08.jpg

えー、ここいら一体がクレーターなの!



この看板の後ろにあるデッカイ石は、隕石の衝撃を受けたらしく、
そう思うと何だか不自然にゴツゴツ歪な形に見えてくる~



130812-09.jpg

山向こうにドカン!と落ちたってことね



宇宙規模のスケールのデカイ風景に吃驚。
このクレーター跡、ガイドブックに出ていた記憶はありましたが、
全く立ち寄る気が無かったので、気付いてラッキーでした。

気付かなければ単なる『すんごい山奥の風景』ですが、
看板見た後では何だか違って見えるから不思議。



ハイランドしらびそで南アルプスの大パノラマを眺めつつ、暫し考察。

この後、予定していた白馬まで行くとすると、
遠いし面倒だし暑いしと言う事で、アッサリ予定変更。
今夜も美ヶ原に戻り、寒さに歓喜しながら流星鑑賞することに。


ならばイヌ孝行をしなくてはなりません。
泳がせられそうな川探しセンサーを作動させながら山道走行。

程なく飼い主二名の執念が、素晴らしいポイントを探し当てました。



130812-10.jpg

すごい透明度だけど、冷たくなくてラッキー♪



130812-12.jpg

このラン子はやけにアクティブ、顔まで幼げに見える!



写真のすぐ下が広い浅瀬になっていたので、
安心して泳がせる事が出来ました。イイ場所寄れて良かった~

根性オンナ珊瑚。彼女の辞書に『諦める』とい言葉は無いもよう。







分かるかなぁ、ダミーゲットして上がって来る時、
川底に珊瑚の影写ってるんですよ。ホント、素晴らしい透明度でした。
車停めてすぐ河原に降りれるし、近所だったら通い詰めたい!!!


この後も山間ルートを走り、通行止めにビクつきながらもR152へ出て、
さぁ、もうこれで道中の心配はあるまいと思いきや、
国道にあるまじき風景に再び笑うしかない車中。



130812-13.jpg

林道じゃないんスよ、国道っスよ!



男鹿村と伊那市の境にある分杭峠に立ち寄りました。
オトさん代表でパワー注入して来て頂きましょ。

【分杭峠】←情報サイトはここ




130812-14.jpg

ここ降りてくと気場があるんだそうな



目に見えるモノじゃないのですが、
こういうのはね、気の持ち様で+にも-にも作用しますから、
前へ前へ!が家訓の我が家には打って付けです。
イイ方向にベクトルが向いてれば、それが増長されると、
そう思えばそうなるのだ。そうに違いない!



この後ようやくセンターラインのある道路に出て、
下栗の里から此の方、何時間かぶりに信号で止まりました。
いやはや、長野の山深さには驚愕しましたわ。


伊那市でB級グルメのローメンを食べて、
なるほどね、こう来るわけねと、初めての食感に衝撃を受け、
諏訪市で夜ごはんの買出しをしてから再び美ヶ原へ。

夕方だと言うのに気温は35℃を軽く越えており、
ギラギラ照り付ける陽射しの容赦無さにウンザリしていたので、
トットと買出しを済ませ、明るいうちに山の上へ避難です。



暑さとはオサラバだ!

2013お盆休み3 秘境の里を天空から眺める


昨晩のうちに真っ暗な細い山道を必死こいて登り、
これまた真っ暗な場所でビバークしました。

美ヶ原で見上げる星空は凄いと思っていたけど、
ここで見た星空は、更に上を行く満天の星空!
クッキリと天の川が見えて吃驚。
肉眼であんなにハッキリと見えるなんて感激。


強烈な光を放ちながら流れる流星も見れて得した気分~


いったいどんだけ山の上で夜を越したのかと言いますと、



130812-01.jpg

こんなトコ~、ここに集落がある事に驚き~



某運送会社のCMで知られるようになった、
日本のチロルこと、下栗の里に行ってきました。
到着した時、漆黒の闇で周囲の風景は分かりませんでしたが、
朝起きて外に出て、目の前にドンと聳える山と向き合ったら
己の立ち位置がいかに山の上なのか判明しました。



130812-02.jpg

爽やかな朝の大気の中、6時半に展望台へ向け出発



展望台まではテクテクと20分程度の歩きです。
大きな上り下りはありませんが、途中から山道に入るので、
歩きやすい靴で行くことをおススメ致します。



130812-03.jpg

転がり落ちたら真っ逆さまに下界まで行けそうね



地域の方達が整備してくれた展望台への道は、
人が擦れ違うのも譲り合いが必要な細い道で、
谷側は45度の角度じゃね?と思うような急角度。
踏み外し転がり始めたら・・・想像もしたくない!

イヌと一緒に歩くのを考慮し、
観光客が来る前に散策してしまいたかったのです。
展望台も小さいスペースって書いてあったので、
尚更の事、早く行きたかったわけ。

さあ、貸切の展望台へ着きました。
見てイイかな?CMで見た風景そのまんまかな?



130812-05.jpg

わぁ、ホントにあの風景が眼下に広がっている



130812-04.jpg

山肌にしがみ付くように集落がありました



凄いー凄すぎーと連呼してしまう風景。
思わずご意見ノートに感激コメント書いてしまった!
あの場に立ったら書かずにはいられませんて。



展望台から戻り、クネクネ道を走ってみる事に。
これがまた超絶デンジャラス。



130812-06.jpg

畑も超急勾配



130812-07.jpg

玄関出るとこの風景ってのが凄すぎる~



集落の一番下まで下り、向きを変え再び坂を上り始めた時、
なんと上から車が来てしまいました。
当然擦れ違えるわけがないので、待避所に近い我が家がバック。
ヘアピンカーブに向かって下がる、これが怖かった!

雪が降ったらどうするんだろうね?と話しつつ、
絶景の下栗の里を後にし、男鹿村を駆け抜けます。

この後お昼くらいまで、信号の数は片手で数えても指が何本か余ると言う、
本当にこれは国道であろうか?と首を傾げてしまう、
森林浴しまくりの道をひた走ります。山道サイコー!


2013お盆休み2 散策して散歩して


御射鹿池で美しい風景を見た後は、
チョイチョイ移動して横谷峡の滝巡りに向かいます。
午前中とは言えみるみる気温は上昇しており、
長い距離は老婆ラン子には酷でしょうから、
20分先の滝までのプチ巡りへ出発。



130811-05.jpg

大小幾つもの滝があり、マイナスイオンがどっさり



130811-06.jpg

川に向かって張り出す巨木に陽光のスポットライト



130811-07.jpg

木漏れ日の中の散歩は中々快適でした


サンダルでも歩ける部分もありますが、
最奥まで滝を見に行こうと思ったら、
ちゃんとした山歩き用の靴が必須です。
途中からガレ場になってました。いんちきクロックスじゃムリ~



散策途中にサングラス落としましてね。
オトさんお下がりの某メーカー品だったもんで諦める訳に行かず、
車に戻った後、行った道をもう一往復しました。
見つからず肩を落としながら戻って来る途中、
注連縄の掛かった大きな岩の窪みに、ちょこんと乗せられているのを発見。
拾ってくれた方が、分かり易い目線の高さに置いてくれたようです。
どこのどなたかは分かりませんが、本当にありがとうございました!



サングラス捜索で30分押してしまいましたが、
お昼はお蕎麦屋さんへ。 【長寿更科】



十割り蕎麦目当てで行ったのですが、
良くメニュー見ずに普通の蕎麦頼んでしまったのが無念!
がっつくとロクな事がありませんね~
天麩羅の揚げ加減が絶妙でした。


タラコン走って奈良井宿へ移動。
到着は4時でしたが、5時まで時間を調整し、
大気温が下がり始め、風が涼しくなってから散策へ。
時間的にはお店は閉まり始めるでしょうが、
イヌ達と一緒に宿場の景色の中を歩くのが目的なので、
そんな事は無問題~



130811-08.jpg

観光客ガヤガヤより、ひっそりした雰囲気の方が我が家好み



130811-09.jpg

ラスト一本をもぎ取った五平餅



後ろにいたお客さんには申し訳ないけど、容赦なく最後の一本を購入。
餅はもちろん美味しかったけど、何よりもタレが絶妙で、
ケース内の皿に残ったタレを舐め尽したい衝動に駆られましたわ。



130811-10.jpg

正しくルートを進む思慮深いイヌと、己の前に道は開ける!が信条なイヌ



珊瑚ちゃん、躊躇い無く水路を飛ぶ。

宿場内には冷たい水が飲める水場が三箇所あり、
ラン珊瑚、競い合うようにゴギュゴギュ飲んでました。
ワタクシも飲みましたが、甘い美味しい水でしたよ。

メインの宿場と平行に走る裏道には、日々の生活があって、
さっきまで歩いていた宿場の時代から、一気に現実に戻った感じでした。



長野県を更に南下し、駒ヶ根市で風呂に入り、
漆黒の山道を本日のビバーク地点まで掛け登ります。
いはやは、秘境に至る道のりはデンジャラスと発見に満ちてました。
長野県、奥が深いです!


2013お盆休み1 美ヶ原で寒さに歓喜する

えーーー、我が家のお盆休みは、
流浪の旅に出ざるを得ない休みでした。
家にいるとね、イライラすんのよー!!!

場合によったら大枚が動く事になりかねない為、
時間はあるが金は掛けらんないという次第。

土曜日まで仕事があったオトさんが帰宅して、
灼熱の下界から一気に2000m越えの山の上へ。
お盆休み恒例の美ヶ原での車中泊です。

狐やら狸やら鼠やらと遭遇し、
ナビが止まり、勝手に電源がオフになると言う、
妙な何かが邪魔をしてるっぽいミステリーな地点を通り、
道の駅美ヶ原高原美術館に到着。



130810-01.jpg

やっだー!寒い、チョー寒くて嬉しいっ!!!



連日の猛暑が冗談だったんじゃないかと思うくらいの大気温。
涼しいを通り越し寒いもんで、長袖着たり上っ張り着込んだり、
それでも底冷えするので布団かぶったり。



130810-02.jpg

車の中がホカホカしてて気持ちイイよー



長袖Tシャツで寝てたら明け方寒さに目が覚め、
パーカー&ジーンズ重ね着して、
ラン子呼び付け抱え込んで暖を取りつつ二度寝したワタクシ。

連日続く灼熱の日々にうんざりしていた我々には、
この寒さが嬉しくて、寒いー幸せーと連呼しながら寝ました。



130811-01.jpg

爽快なアサー♪



陽光はジリジリ暑くなって来ましたが、日陰は涼しくて快適。
夏の暑さに参っていた肉体には嬉しいご褒美でございます。




130811-02.jpg

そりゃね、テキトーなご飯だって美味しくなるってもんだ



強くなる陽射しに若干げんなりしつつ、
木曽路に向かって下界に降ります。高原よサラバ!

まずは御射鹿池にお立ち寄り



130811-03.jpg

日本画家、東山魁夷氏の作品「緑響く」で知られる御射鹿池



水面に写り込む対岸の風景が見事でした。
ただね、失敗したなぁと思ったのは、時間の選択。
やはりここの風景は夜が明ける寸前が正解だったと思います。
ジリジリ暑い陽光の中でよりも、ピリッとした大気の中での方が、
何倍も素晴らしかった事でしょう。早朝リベンジ決定!



130811-04.jpg

今はまだ珊瑚の顔よりちっちゃい松の幼木ハケーン



何十年か先、我々がヨッボヨボになった頃、
木の成長塩梅をこの写真と比べてみたいもんです。


長くなるのでここいらで一区切り。
お次は木立の中を散策でする。


長野の旅2012秋 その4-締め括りは軽井沢で


黒部ダムを出たのが夜の九時。
実は翌日の日曜日、茨城県の百里基地で航空祭が開催だったのです。
黒部出発まで迷ってました。

どうすっかなぁ、バビュッと家に帰って風呂入って、
そのままバビュッと茨城空港まで行っちゃう?
出来ないこっちゃないけど、どうしよっかなぁ・・・



121020-45.jpg

珊瑚はどこでも着いて行くけどさ、
地図の上を右往左往だね



自宅を基点にどっちも三時間あれば何とかなるんですが、
黒部からの一本道走り出して程なく、

『今回は航空祭は止めとかね?眠いし面倒臭くなっちゃったし~』


運転席と助手席で意見の一致をみたもんで、速攻予定変更。
軽井沢で欲しかった物買って、アウトレット寄ってく事にしました。
そんな訳で、道の駅雷電くるみの里にてストップです。

ここの道の駅、色んな禁止看板が立ってて、
色々面倒なのであまり好きじゃないのですが、
軽井沢手前というとココしかないのと、トイレがキレイなので致し方なく。



旅の締め、軽井沢の様子は 【続きを読む】 をポチッとな


続きを読む

長野の旅2012秋 その3-黒部ダムプレミアムイベント

寄り道しいしい、ついにメインイベントの黒部ダムです。
再びここに来る日が、こんなに早く来るとはねぇ。



121020-30.jpg

黒部ダムは紅葉で彩られてましたよん♪



大興奮と盛りだくさんで、撮った写真は恐ろしい枚数に。
我が家二人してダムとかの巨構好きだもんで、
こういうイベントに難なく巻き込む事が出来てシメシメ♪


イベントの様子は、下の 【続きを読む】 をポチッとね


続きを読む

長野の旅2012秋 その2-大王わさび農園

朝からがっつり歩いたので、お腹はもうペッコペコ。
信州で食べるお昼ご飯はやっぱり蕎麦でしょう!

美味しいお蕎麦目指して安曇野の町に向かいます。
お蕎麦の後は、大王わさび農園に行ってみる算段。
キレイな川と水車を見るのだ!わさびコロッケ食べるのだ!



121020-20.jpg

わさび畑は広大で、流れる水は澄みきってました


またまた写真多くなるので、下の【続きを読む】をポチッとな


続きを読む

長野の旅2012秋 その1-廃線トレッキング

きっかけは長野好きすぎて、まっぷるを購入したこと。
黒部ダムのページに、ライトアップイベント開催の記事ハケーン。
50組100名の限定イベントですって。やだ、チョー魅力的。

昨年は節電の一環で中止になったイベントなので、
マニアな人々が、今年こそは!と応募するんだろうから、
ダメもとで送っておこう、と欲張らないなフリして、
実はギンギンに狙っておりました。

そしたら、当選しましたよ~ん♪とハガキ返って来たじゃありませんか。
今年のワタクシ持ってるわぁ~

台風どっか行ってくれーとの怨念が天に通じたのか、
二つあった台風がサクッと過ぎ去り、週末は絶好の行楽日和。イヒヒ

そんな訳で、この週末は信州でいっぱい歩いてまいりました。


121020-11.jpg

イヌ孝行から始まった、歩きまくりの旅



写真多くなるので、詳細は下の 【続きを読む】 をポチッとな♪

続きを読む

お盆休み


お盆休みいかがお過ごしでしたか?
我が家はオトさんのお休みと共に暑い家から脱出し、
涼感と流星群を求めて、今年もビーナスラインを走って来ました。



110812-01.jpg

白樺湖を上から眺める



北軽井沢の石田観光農園でベリーの生育具合を聞き、
激安ズッキーニとバターナッツカボチャと、朝取りトウモロコシを買い、
パン屋さんで明日の朝パン買って、のんびりビーナスラインに向かいます。
それにしても軽井沢は混んでました。

霧ヶ峰のホテルこわしみずでお風呂頂き、夕方のビーナスラインを走ります。
三峰大展望台では、鹿4頭にごあいさつ。


110813-01.jpg

道の駅美ヶ原高原美術館でのおめざめ



夜は9時に一度寝て、目覚ましアラーム掛けて3時半に星見起き。
雲は多かったけど見事な尾を引く流れ星が見られました。
運の良い事に、国際宇宙ステーションが横切って行くのも見られちゃったのだ!

下界は夜になっても暑くて寝苦しかったようですが、
美ヶ原での我が家は、長袖Tシャツと肌着の重ね着をしてタオルケットにくるまり、
それでも寒くて、毛布かシュラフ持ってくるべきだったと後悔してました。
猛暑にげんなりしていたので、外の寒さが幸せでした~



110813-02.jpg

念願の戸隠ソバ



ビーナスラインから戸隠へ移動し、前回来た時には、
早朝参拝すぎて食べられなかった戸隠蕎麦でお昼ご飯。
バードラインにある、大久保西の茶屋さんで頂きました。美味しかったです~



110813-03.jpg

前回お参りしそびれてしまった宝光社に御参り



前に戸隠神社に来た時は天気が悪く、戸隠の山々は曇天の中でした。
今回はやっと全景を見る事が出来ます。
せっかくならば、一番良い展望スポットで見たいトコ。



110813-05.jpg

大望峠からの景色はそれはそれは絶景でした



この後は、ついこの間立ち寄った、おやきのいろは堂に再び伺い、
夏限定のおやきなどなど、しっかり買い込み車中でパクパク。
んまーーーい!!!



もう一泊涼しい軽井沢で夜を過ごしてから帰宅しようかと思っていたのですが、
想定していたより早い時間に戻れそうだったので、帰宅の途へ。

自宅の布団で寝るのは一番楽チンですが、下界の夜はやっぱり辛かった!

涼しくて絶景で美味しくて、何度行っても楽しい長野。
隣県だけにサクッと行けちゃう点も嬉しい限り。
秋の紅葉の季節に再び訪れたいなと思ってます。今度は木曽路を攻めようかと~


■@ラン家

ラン家


[オトさん] human ♂ №1,OWNER

[ワタクシ] human ♀ №2,OWNER


run[1]
長女 ラン

saly[1]
次女 サリー
2011.10.5永眠

sango[1]
三女 珊瑚

kya-01.jpg
四女 カイヤ


●趣味部屋→【日々淡々の裏側で】
 ときたま更新しております

●旧ブログは→【コチラ】

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
■コメントありがとうです
■連絡事項


■被災した方の犬・猫の
  救援情報特設掲示板

東北地震犬猫レスキュー.com


■Google地震関連取りまとめ

 東日本大震災の総合情報


■助けあい、乗りこえる。
         私たちの財産は

 kizuna311

■里親募集中




■BCRN


ボーダーコリーレスキューでは
新しい家族を待っている子がいます


■etc・・・
■気になる





■カテゴリ
■検索フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
Powered By FC2ブログ